【スポンサーリンク】

宅配クリーニングで下着は洗える?洗濯代行サービスとの違いや比較!

ホテルに泊まった時、何気なくランドリーサービスの申し込み用紙を見ていたらメニューに「下着・靴下・ハンカチ」の項目がありました。

「クリーニングって、下着はダメだよなぁ。」

1泊しかしないかったので別にお願いする事は無かったのですが、連泊するような事があれば洗濯に困ります。

Yシャツなどはクリーニングで良いのですが、下着ってどうしていますか?

靴下ぐらいならお願いするかも知れませんが、パンツはちょっと躊躇しますね。

部屋のお風呂に入りながら、石鹸でゴシゴシ洗うかも知れません。

 

宅配クリーニングで下着は洗える?

宅配クリーニングで下着は洗える?

宅配クリーニングのホームページで確認してみました。
⇒ 宅配クリーニングなら【LACURI】

下着類は引き受けできないと明記されています。

クリーニング全般、下着や水着はお断りされてしまいます。

クリーニング店にはクリーニング業法という法律に従って営業する必要があります。

クリーニング業法の第3条に「営業者の衛生措置等」という項目があり、クリーニング事業者が行うべき措置が列挙されています。

その中に「伝染性の疾病の病原体による汚染のおそれのあるものとして厚生労働省令で指定する洗たく物を取り扱う場合においては、その洗たく物は他の洗たく物と区分しておき、これを洗たくするときは、その前に消毒すること」とありますが、「厚生労働省令で指定する洗濯物」の中に「パンツ」が明記されています。

ここから読み取れる事は、パンツを取り扱う時は、他の洗濯物と区別して、個別に消毒して洗濯しなさい、という事です。

クリーニング店で引き受けてはいけない、という訳でなく、別途管理して洗濯しなければいけない、という法律になっています。

多くのクリーニング店で下着を引き受けないのは、別に消毒して洗濯しなければいけないとなると、コストがかかってしまうからでしょうね。

ホテル等では、需要があるので、きちんと他の洗濯物と区別して洗濯しているのでしょうか?

多くの宅配クリーニングのホームページを確認してみましたが、下着OKのお店は見つかりませんでした。

 

【スポンサーリンク】

家事代行サービスを頼んでみる

家事代行サービスを頼んでみる

クリーニングで下着を洗えないのであれば、家事代行サービスで洗濯をお願いするしかないですね。
⇒ 【ピナイ家政婦サービス】

家事代行サービスは時間単位でお願いする事になるので、洗濯から乾燥、畳む、アイロンがけまでお願いすると、相当コストが嵩みそうです。

洗濯だけでなく、掃除や料理もまとめて依頼する事になりそうですね。

私は、洗濯や洗った洗濯物を干すのは苦では無いので、畳んだり、片づけたりをお願いしたいですね。

それだけのために、わざわざ家事代行サービスを頼まないかも知れません。

また、家の中に他人が入ってくるのも抵抗があり、家事代行サービスは敷居が高い感じがします。

それに単身赴任ならまだしも、長期出張だとホテルやウィークリーマンションで生活している事も多いので、家事代行サービスを依頼する訳にもいきません。

他に何かサービスが無いかと検索していた所、洗濯代行サービスというのを見つけました。
⇒ 新しい洗濯の形を提案する【オーサムウォッシュ】

家事代行サービスと違い、洗濯物を預かって、洗濯代行サービス会社のランドリーで洗濯してくれるそうです。

宅配クリーニングと家事代行サービスの中間のサービスみたいな感じですね。

 

【スポンサーリンク】

宅配クリーニングと洗濯代行サービスの違いや比較

宅配クリーニングと洗濯代行サービスの違いや比較

宅配クリーニングと洗濯代行サービスの違いを比較してみました。

宅配クリーニングのLACURI洗濯代行サービスのオーサムウォッシュの比較になります。

洗えるもの

宅配クリーニングでは取り扱い除外品が決まっています。

通常のクリーニング店で取り扱う、スーツやワイシャツなどが洗えます。

洗濯代行サービスで洗えるものは、「水洗いができ、乾燥機による乾燥が可能なもの」です。

例えば、Tシャツやポロシャツ、デニム、タオル、シーツ、などです。

洗えないもの

宅配クリーニングで洗えないものは、「取り扱い除外品」として明示されています。

例えば、皮革製品や毛皮、礼服や学生服、下着や水着などがあります。

他にも、汚物がついたものや濡れた状態のものなど、こちらも通常のクリーニング店と同じです。

洗濯代行サービスで洗えないものは、「水洗いができない、または乾燥機禁止の表示があるもの」です。

例えば、シルクやウール系素材、スーツ、革製品、などです。

対象地域

宅配クリーニング「LACURI」は宅配便が利用できる場所であれば、対象地域になります。

基本的に、送料無料で利用できますが、北海道や沖縄、一部の離島などで送料が必要になる事があります。

洗濯代行サービス「オーサムウォッシュ」の対象地域は、東京都の限られた場所です。

都心部が中心ですね。

地方から長期出張していて、ウィークリーマンションなどに滞在している時に便利でしょうね。

また、単身赴任している時なども利用しやすいと思います。

利用料金

宅配クリーニング「LACURI」は枚数パックで料金が決まります。

クリーニングの点数によって料金が異なります。

洗濯代行サービス「オーサムウォッシュ」は、1バッグ毎の料金になります。

都度利用ではなく、月会費会員での利用もあります。

 

洗濯代行サービスの頼み方

洗濯代行サービスの頼み方

洗濯代行サービスを依頼する時は、宅配クリーニングと同じようにネットで依頼します。
⇒ 今すぐ【洗濯代行】を依頼する

新規申し込み後、2~3営業日で専用バッグが届きます。

洗濯物を専用バッグに入れて集荷を待ちます。

集荷は、スタッフに直接手渡しする他、宅配ボックスの利用やドアノブに掛けておく方法でもOKです。

洗濯物は1バッグずつ洗濯と乾燥を行います。

他のお客様の洗濯物と一緒になる事はありません。

シワを伸ばしながらスタッフが洗濯物をたたみます。

できるだけシワを伸ばして丁寧にたたみますが、アイロンがけは行っていません。

洗濯が終わった洗濯物はスタッフが配達します。

宅配ボックスやドアノブに掛ける形でも配達可能です。

不在の場合は、SMSや電話で再配達の時間調整を行います。

まずは【初回お試しプラン】の利用をおすすめします。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】