【スポンサーリンク】

マスクに続き、トイレットペーパーまで店頭から無くなっているというツイートを見かけました。

オイルショックの時じゃあるまいし、何があったのでしょうね?

 

トイレットペーパー不足は誤り

熊本市長の大西一史さんが「デマにご注意」とツイートをしています。

マスクは中国で生産され、日本に輸入される製品が多いようですが、トイレットペーパーやティッシュペーパーは国内で作られているので、供給量は変わっていないそうです。

マスクと違って、トイレットペーパーの原料は「パルプ」で、海外で作って運ぶ方がコスト高になり、日本で販売しているほとんどは、日本で生産しています。

供給される量は十分で、基本的に在庫切れはないそうですが、一時的に購入者が店頭に殺到してしまうと、棚から消えてしまう事もあるそうです。

昨年、製紙工場の火災が影響してティッシュペーパーが不足した時もありましたが、すでに回復しています。

 

【スポンサーリンク】

トイレットペーパーが不足する原因は何?

それでも実際問題として、店頭からトイレットペーパーが無くなっているようです。

デマと分かっていても無くなっているのを見ると心配ですよね。

トイレットペーパーやティッシュペーパーなんて、いつも使う物なので、使っているといつかはなくなります。

こんなツイートもあります。

この画像を見て、安心して欲しいですね。

大型店の方が、お客が集まって無くなりやすいのかも知れません。

事実がどうというよりも人は印象で行動してしまうようです。

こういった時は、落ち着いて行動して欲しいですね。

会社帰りに大型スーパーに寄ってみると、多くの人がトイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーを求めて人が集まっていました。

夕方のニュースで、トイレットペーパーが店頭に無いと報道していたので、それを見て駆けつける人も多いようです。

すぐに補充されれば良いですが、週末は売り切れのお店もあるかも知れません。

ネットでは、すでに高価格で販売している業者もいるので注意が必要ですが、基本的に在庫はあるので、どうしても欲しい方はコチラからどうぞ。

配送料の方が高くなりそうです。

 

【スポンサーリンク】

マスクを入手する方法は?

マスク不足は深刻です。

今年は花粉の飛散時期が早いので、マスクが無いのは困ります。

私は、スギ花粉よりもヒノキ花粉の方がひどいので、3月下旬がピークだと思うのですが、間に合うのか気になります。

マスクも全く供給されていない訳ではなく、少量ずつですが店頭に補充されているようです。

時々、コンビニの店頭で見かける事があります。

補充のタイミングによって、残っていたりします。

しかし、いつも50枚入りを500円で購入しているので、7枚入り400円のマスクは高くて購入するか悩んでしまいます。

悩んでいる間に、他の人が買ってしまいます。

悩む前に即買いですね。

マスクが不足している原因は買占めしている人がいるからかも知れません。

中国での生産が再開され、3月下旬から4月ぐらいから店頭に商品が並ぶという報道があります。

店頭に商品が並ぶようになると、行き場を失ったマスクが叩き売られて、価格が暴落するでしょうね。

アイリスオーヤマの公式オンラインショップ【アイリスプラザ】でマスクが販売されてると噂を聞いてアクセスしてみたところ少しですが購入する事ができました。

 

新型コロナウイルス感染症~市民向け感染予防ハンドブック(動画版)

東北医科歯科大学のホームページで「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック」が配布されています。
⇒ http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/info/information/2326/

動画版もあるので参考になります。

これ、わかりやすいですね。

基本的な対策は、マスク、手洗い、消毒・換気、です。

マスクはウイルスを拡散しないための処置で、自分が罹らないためにするものでは無いようです。

帰宅したり、建物に入る時は手洗いですね。

手洗いは、ウイルスを持ち込まないために必要です。

やっていないのは、換気ですね。

寒いので、会社で窓を開けると、冷たい視線が見られます。

書類も飛んでいくので、換気をするため、同僚から同意を得るのは大変な作業です。

【スポンサーリンク】