【スポンサーリンク】

ダイエット前

「納豆を食べるだけ」という、ゆるいダイエットを始めて半年近くになります。

そろそろゆるいながらも効果が出ているのではないかと期待しています。

 

ゆるいダイエットでもこれだけの効果がある

継続は力なりとは良く言ったもので、何かしら目的を持って継続するとそれなりの効果はあるようです。

納豆を毎日のように食べ始めて約半年が経ちました。

それまでも食事の時、週に1、2回ぐらいは納豆を食べていたのですが、7月からは週に5、6回は食べています。

納豆を毎日食べた方が効果があるのかも知れませんが、買い忘れて冷蔵庫の中になかったり、外食して家で食べるタイミングを逃してしまう事もあるので、その辺りもルールもゆるくしています。

体重と体脂肪率の記録は毎日行っているのですが、細かく見ていると変動があって、本当に体重が減っているのかわかりにくいです。

なるべく条件を整えるために、同じ時間帯で測るようにしていますが、それでもその日の体調や前日の食事内容で変わってしまいます。

そこで、1ヶ月間平均した体重を6か月分確認したところ、下のグラフのようになりました。

体重6カ月

ゆるくですが順調に減っているのがわかりますね。

7月は77キロぐらいなのが、12月は74.5キロぐらいの感じです。

約半年で2.5キロ減っている事になります。

この調子なら、次の健康診断の時は呼び出されなくて済むかも知れません。

しかし、ポッコリお腹は凹んでいないし、目標にしている適正体重までは遠い道のりです。

年明けには、また健康診断があるので、そろそろ縄跳びでも始めようかと考えています。

毎年、健康診断の直前には、主食をキャベツにして姑息に体重を減らそうとしています。

一時的な事なので、すぐにリバウンドしてしまうのですが、やらないよりもマシです。

今年は、ゆるいダイエットを続けてきて、これまでに体重が少しは減っているので気分的に楽ですが、冬は体を動かす機会も減るのでダイエットは停滞してしまいます。

ゆるいダイエットの真価を問われる季節と言えるでしょうね。

 

【スポンサーリンク】

納豆を1日1個食べるだけダイエット6か月目の結果

ダイエットの結果確認もゆるいです。

12月2日

75キロ

12月3日

74.4キロ

12月4日

74.8キロ

12月7日

74.4キロ

12月8日

73.8キロ

このダイエットを始めて、初めて73キロ台になりました。

年末年始は忘年会や新年会で体重が増えるイベントが多いので注意が必要ですね。

年の瀬でバタバタするだけでストレスになり大食いしそうです。

寒いと体に蓄えて、凌ごうとしてしまうので、なるべく体を動かして発散したいですね。

 

納豆の健康効果

納豆がダイエットに効果がある理由を調べてみました。

よく言われるのは、納豆は高たんぱく低カロリーの食品で、多くの食物繊維を含み、満足感を得やすいという事です。

食事前に納豆を食べる事で、実際の食事で食べる量が減り、ダイエットに効果があるという事です。

この点についてですが、私は夕食前に食べていた間食を納豆に置き換えました。

それまでは菓子パンや甘いチョコレート菓子などを食べていたので、間違いなくカロリーは減りました。

他には納豆には脂肪燃焼効果のある「アディポネクチン」が含まれているという事です。

これがどれぐらい効果を発揮しているのか不明ですが、ダイエットの基本である「摂取カロリーを減らす」と「消費カロリーを増やす」の両方を同時に行えるのが納豆の魅力でしょうね。

そして納豆は健康にも良いと言われています。

納豆に含まれる「大豆サポニン」が血液をサラサラにして血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を流してくれるそうです。

納豆に限らずオクラや自然薯などネバネバの食品は血液をサラサラにしてくれるという話をよく聞きます。

不健康な生活をしているとドロドロ血液なんじゃないのか心配してしまいます。

健康診断で高血圧を指摘されているので血液サラサラと聞くと飛びついてしまいますね。

これだけ頻繁に納豆を食べ続けているので、次の健康診断は結果が楽しみです。

 

納豆を1日1個食べるだけダイエットの記録

【スポンサーリンク】