ウォーキング

「健康寿命」というキーワードをご存知ですか?

「健康」というぐらいなので、
健康でいられる年齢というのが想像できます。

定義としては
「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」
とされていて

平均寿命と健康寿命の差が、日常生活で制限のある
「健康ではない期間」と考えられます。

 

スポンサーリンク

健康ではない期間はどれぐらい?

2016年の調査ですが、
男性の平均寿命は80.98歳で
健康寿命は72.14歳でした。

平均寿命と健康寿命の差は8.84年となります。

同じく2016年の調査で
女性の平均寿命は87.14歳で
健康寿命は74.79歳でした。

平均寿命と健康寿命の差は12.35年となります。

あくまでも平均なので個人差はあると思いますが
男性で約9年、女性で約12年、

何らかのサポートを受けながら
生活する期間が必要になる事が予想されます。

人それぞれ、考え方があると思いますが
子供の世話になるのは回避したいですね。

経済的に可能であれば、老人ホームや
介護施設を利用したいと考えています。

 

特別養護老人ホームは入居一時金不要

老人ホームを利用したいと考えていても
どれぐらいお金がかかるのか見当が付きません。

老後に向けて資金を用意している訳ではないので
入居時にまとまったお金が必要になると厳しいです。

地方公共団体や社会福祉法人が運営している
特別養護老人ホームであれば
入居一時金が不要ということです。

しかし、特別養護老人ホームには誰でも
すぐに入居できる訳ではなさそうです。

入居の対象者は、65歳以上で要介護3~5の認定を受け
寝たきりや認知症などで常に介護が必要な状態で
自宅での介護が困難な人となります。

緊急性の高い人が優先して入居する事になるので
申し込んでも入居できるまでの期間が人によって異なります。

特別養護老人ホームへの入居を待っている人が
全国に約40万人いるとも言われているそうです。

これでは、なかなか自分の順番がまわってこないのも
仕方ないかもしれませんね。

たとえ入居できたとしても、特別養護老人ホームは
公的な介護施設という位置づけのため、
個室よりも相部屋になる事が多いようです。

安くても自分の都合で利用できる訳では無さそうです。

 

スポンサーリンク

入居一時金0円の有料老人ホーム

特別養護老人ホームは入居一時金不要が魅力ですが
入居するには様々な条件をクリアしなければいけません。

また、特別養護老人ホームに入居を希望する人が多く
自分が入居できるまでに相当の期間、
待たなければいけない事もよくある話です。

少しでも入居費用を抑えるために
コチラの老人ホーム検索サイトで
入居一時金0円の有料老人ホームを検索してみました。
⇒ 【探しっくす】

食事や生活支援ぐらいのサービスでよければ
入居一時金0円の有料老人ホームでも良いかも知れませんね。

老人ホームに入居すると言っても、
必要な介護サービスや要介護の度合いによって
費用も違ってきます。

 

高齢者のひとり暮らし

高齢者になるとひとり暮らしでアパートを
借りるのも大変になると聞いた事があります。

間違いなく需要はあるはずですが、
貸す側の考えとして、
リスクがあると感じるのでしょうか?

介護や生活支援を受けずにひとり暮らしするのも
限界があると思いますが、

このまま少子化がすすめば
独居の高齢者が増えるのは普通の事です。

グループホームやケアハウスなど
老後の生活に関して、新しい姿が提案されていますが

若い頃に、シェアハウスとか苦手な人が
高齢になったからといって、
多くの人と共同生活できるとは考えにくいものです。

子育ても終わり、仕事も定年を迎えたら
ひとり暮らししたいと考えている私にとっては

健康なまま、少しでも長く生活できれば
うれしいのですが、

若い頃の不摂生がどのように影響するのか
想像できません。

高齢になった後は、子供に面倒を見てもらいたいと
考える方が普通なのでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事