将来設計

金融庁が発表した報告書が衝撃的でした。

夫婦世帯の老後の生活収支で月額約5万円が不足することになり、
30年間で「約2000万円の金融資産が必要となる」というものです。

国会で大きな問題になり、
大臣がこの報告書を受け取らないという異常事態になりましたが

本当のところ、老後の生活がどうなるのか不安になった人は
たくさんいるのではないでしょうか?

将来、年金が受け取れなくなると考えている人は
私も含めたくさんいると思います。

 

スポンサーリンク

老後の生活資金は不足する?

あなたの老後の生活資金は大丈夫ですか?

老後に向けた準備と言っても年金ぐらいしか思いつきません。

特に貯金をしている訳でも無いですし、
それよりも子供の教育費で生活が圧迫されている状態です。

年金だけで老後の生活が成り立たないというのでは、とても困ります。

年金以外に2000万円の生活資金が必要と話題になりました。

厚生年金を受け取るサラリーマン世帯だと、
1000万円ほど不足するという統計もあるそうです。

大企業に勤務している会社員が受け取る退職金の平均が2000万円ほどなので
そのお金を投資にまわしてもらうために
2000万円不足するという報告書が出来たという噂もあります。

実際のところどうなのかわかりませんが、
老後の生活資金が不足するのか足りるのかは人それぞれでしょう。

何歳まで生きるのかもわかりませんが、
老後の生活資金が不足するのであれば
働き続けるしかないでしょうね。

 

高齢になっても収入を得る方法はあるか?

老後もも働き続けなければいけないとなった場合、
高齢者を雇用してくれるような場所があるのでしょうか?

平均寿命が延びているので、
定年がさらに延長されるかも知れません。

以前は60歳が定年でしたが、65歳まで延長されました。

そんな年齢まで働きたくないと思う人もみえますが、
生活資金が不足する人にとっては働く場所が必要です。

生産年齢人口が減っているのに高齢人口が増えているので
労働力不足を補うには、高齢者を活用する方法が検討されるはずです。

現役世代ほどの収入は得られないかも知れませんが、
高齢者でも働ける場所が、今後ますます増えていくと考えられます。

金融庁の報告書どおりであれば、不足する生活資金は、
月に約5万円です。

最低賃金が1000円になれば、月に50時間働くことで得られます。

1日4時間、週3、4日働けば何とかなりそうです。

85歳になっても週3、4日で働けるかどうかは、人によって違うと思いますが
65歳ぐらいだったらもっと働けそうな感じもします。

働ける機会があるかかどうかは、
その時の景気によっても左右されると思いますが、
何とかなりそうな気もしてきました。

 

スポンサーリンク

高齢者が活躍している職場の事例

高齢者が活躍している職場の事例を調べてみました。

 

シルバー人材センター

高齢者が活躍していると聞いて思い浮かべるのは
「シルバー人材センター」です。

植木の手入れや庭の草刈りなどをお願いする事がありますが、
60代後半から70代前半ぐらいの人が多いですね。

私が庭の草刈りをするよりも手際よくキレイにしてくれます。

 

老人介護施設

私の母は老人介護施設で働いていました。

母も高齢ですが、高齢者が高齢者を介護しています。

力のいる介助作業などは無理みたいですが、
グループホームで食事を作ったり
トイレやお風呂の掃除などをしています。

高齢者でも出来る作業がいろいろとあるようです。

 

モスバーガー

高齢者を積極的に採用していると話題になっているのが
ファストフード店のモスバーガーです。

確かにお店にいくと、高齢者の方がレジに立っていて
注文しても理解してもらえるのか、少し戸惑います。

マクドナルドでも高齢者で働いている人を見かけますが
裏方というか、掃除のスタッフさんだったりします。

レジで高齢者が対応すると注文するお客さんの態度が違うそうです。

 

高齢者専門の人材派遣会社

退職者や高齢者専門の人材派遣会社があります。

知識と経験が豊富な中高年人材を即戦力で活用しています。

大手企業で管理職や専門職を経験した人材が中小企業や新興企業で活躍する事例を
テレビのニュース番組などで聞きます。

ハローワークなどで紹介されて就職する方も見えますが、
人材派遣会社などのマッチングサービスを活用することで
自分のスキルが適正に評価されるのでしょう。

 

在宅で出来る仕事

高齢になってからの仕事は、自宅で行えるものが良いと考えています。

定年延長や再雇用などで、今勤めている会社で継続する事もできますが
毎日通勤するのは体力的に大変です。

車を使って通勤する場合は、交通事故のリスクも高くなります。

在宅で出来る仕事があると良いですね。

そうなると、フリーランスで働く方が良いのでしょうか?

「高齢者の在宅ワーク」と聞くと内職商法のような感じを受けますが
自分が高齢者になった時、在宅で稼げるようなスキルを身につけておく事は
考えておいた方が良いでしょう。

例えば、フリマアプリを使って小遣い稼ぎをしている人なら
商品撮影や売れ易い商品説明文のスキルを高める事で
ECサイトの運営者からささげ業務の委託を受ける事も可能になります。

仕事のスキルもそうですが、副業や趣味で行っていた事でも
高齢になってから仕事に役立つ事があります。

 

高齢者のスキル活用の方法

高齢者の方によって持っているスキルも異なります。

活用できるスキルも異なります。

もし50歳台の人が、定年退職後も自分のスキルを活かして
仕事をしたいと思っているのであれば、どんなスキルが有効でしょうか?

経験や人脈が豊富な高齢者が活躍する場面といえば「コンサルタント」ですね。

業種や職種毎でコンサルとして活躍できます。

例えば、営業をしていた人が定年退職後に営業のコンサルをする事はよく聞く話です。

経理や総務の仕事をしていた人がオフィス環境の改善コンサルをしていたりします。

特殊な仕事をしていた人だけがコンサルタントになれる訳ではありません。

自分がやってきた普通の仕事の経験が、コンサルを行うことで
他の人の役に立つかも知れません。

 

スキルのフリーマーケット「coconala」

ココナラ(coconala)というサービスがあります。
⇒ https://coconala.com/

「得意を売り買いココナラ」というテレビCMをよく見ます。

キャッチフレーズ通り、得意な事を出品できるサービスです。

得意な事と言っても、仕事に限らず、絵が得意であればイラストや似顔絵、

人との会話が得意だったら悩み相談、

ファッションやメイクのアドバイスなど、何でもあります。

法律や税金などの専門的な仕事もありますが、
何の資格もない私のような人だと、
「愚痴聞き、話し相手」なんていうのもあります。

愚痴聞きなので、聞き役に徹するのが大変そうですね。

話の途中で口を挟みそうなります。

私の場合「理不尽に怒ります」とか
「偏見に満ちた間違った意見を言います」があると最適です。

先日、テレビで「レンタルなんもしない人」を紹介されていましたが
かなり需要があるようです。

得意な事が何も無いからと行動しないのではなく、
とりあえずココナラに登録してみて
何かできる事を探してみてはいかがですか?

ココナラ(coconala)を利用するには、
コチラから登録してください。
⇒ https://coconala.com/

スポンサーリンク
おすすめの記事