メタボな中年おやじが気になるテレビ番組

もうすぐ50!メタボが気になるサラリーマンの中年おやじが毎日楽しみにしている健康番組や生活情報番組を取り上げて紹介しています。健康番組で紹介された気になる健康法や見逃した生活情報番組の再放送などテレビを楽しむための情報が盛りだくさん!

ピーナッツはナッツじゃない!青ノリとバタピーで認知症予防!この差って!

   

7月24日放送の
「この差って何ですか?」は

「1日15粒のクルミと
 進化形サバ缶で体質改善!
 大島美幸の体に異変SP」です。


スポンサードリンク

番組の内容は以下の通りです。

クルミにアーモンドにピスタチオ凄すぎるナッツの健康効果の差!大島に異変スタジオ爆笑★超優秀食サバ缶のすすめ…赤身魚と白身魚の差★青のり×バタピーで認知症予防
アーモンド・くるみ・ピスタチオ…ナッツの健康効果の差
★動脈硬化予防を期待するならクルミ!で、その効果をさらに高めるなら A:コーヒー B:赤ワイン どっち?★便秘解消効果を期待するならアーモンド!で、その効果をさらに高めるおやつはA:アーモンドちーずおかき B:アーモンドクッキー C:アーモンドチョコレート D:アーモンド小魚 どれ?★認知症予防を期待するなら、ナッツじゃないけど、ピーナッツ!
人気すぎていまや入手困難なサバ缶!でもどんな魚にどんな健康効果があるのか…赤身魚と白身魚の差を大特集
★まずサバは青魚じゃないの?というあなた!サバやアジなどの「ひかりもの」は赤身魚に分類されます!というところから…★血液サラサラを期待するなら、赤身魚★老化防止を期待するなら、白身魚★関節痛予防を期待するなら、白身魚★それぞれどんな魚が一番効果が期待できるのか大発表!お見逃しなく★サバ缶アレンジ
引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/46718200/

ピーナッツってナッツじゃないんですね。

ナッツじゃないピーナッツ

ナッツとは一般に木の実の事で
マカダミアナッツやヘーゼルナッツなどの堅果類、
アーモンドやクルミなどの核果、
カシューナッツやピスタチオなどの種子類、
に分かれるそうです。

ピーナッツは落花生で「豆」なので
正しくはナッツではないのですが、
「ナッツ類」として流通しています。

ナッツの健康効果が高いようですが
ナッツの種類によって、どんな効果が
あるのかも変わるようです。

私は、メタボの健康指導で、小腹が
空いた時は、ナッツを食べるように
アドバイスされて、

ミックスナッツを良く食べますが、
クルミ、カシューナッツ、アーモンド、
が入って、素煎りの塩の味付け無しを
選んで購入しています。

妻がナッツ好きで、気が付くと無く
なってしまいます。

ナッツって、結構、いい値段が
するんですよね。

小分けになっている商品の方が
食べ過ぎないのでしょうか?


スポンサードリンク

バタピーで認知症予防

ピーナッツの薄皮に多く含まれる
ポリフェノールの一種である
「レスベラトロール」が認知症予防に
効果があると、

以前放送された「たけしの家庭の医学」
で紹介されていたようです。
⇒ https://sp.health.asahi.jp/archive_detail.php?id=20170711
⇒ http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=75709/episodeID=1078154/

レスベラトロールを摂取することで
記憶を司る海馬が刺激されて
認知症の予防や改善に役立つと
考えられていますが

元となる研究は、ワインに含まれている
レスベラトロールについてなので、
ピーナッツでも同じ事が言えるのかは
不明です。

番組予定では、
「青のり×バタピーで認知症予防」と
記載されているので、

どんな内容になるのか、
楽しみですね;

動脈硬化予防にクルミ

いつも食べているミックスナッツの中で
くるみが一番好きです。

妻はアーモンドが好きなので、
2人で選んで食べていると、
カシューナッツばかり残ってしまいます。

くるみには、悪玉コレステロールを
低下させ心血管リスクを削減する、
また脳卒中、肥満、がんといった

生活習慣病を予防するなどの健康効果が
期待されています。
⇒ http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2015/002924.php

子供の頃からくるみが好きだったので
健康効果を期待して食べ始めた訳では
無いのですが、生活習慣病の予防が
期待できるのなら、より頻繁に食べて
しまいそうです。

番組では、クルミの効果をより高める
食べ方も紹介されるそうなので、
とても楽しみですね。


スポンサードリンク


 - 健康