メタボな中年おやじが気になるテレビ番組

もうすぐ50!メタボが気になるサラリーマンの中年おやじが毎日楽しみにしている健康番組や生活情報番組を取り上げて紹介しています。健康番組で紹介された気になる健康法や見逃した生活情報番組の再放送などテレビを楽しむための情報が盛りだくさん!

隠れ脳梗塞って何?脳の神経は再生できる!ゲンキの時間7月22日!

      2018/07/30

7月22日放送の
「健康カプセル!ゲンキの時間」は

『~じわじわと脳を蝕む~
 「隠れ脳梗塞」の恐怖』です。

番組の内容は以下のとおりです。

今回は、「隠れ脳梗塞」の原因となる生活習慣と、脳の神経を再生させる最新治療を紹介します。
夏に多い「脳梗塞」。 治療が遅れると死に至ることが多い病気ですが、実は本人も気づかないうちに、じわじわと進行する「隠れ脳梗塞」というものがあるのです。 今回は、「隠れ脳梗塞」の原因となる生活習慣と、脳の神経を再生させる最新治療を紹介します。▼一般人の脳をチェック!全員に「隠れ脳梗塞」が発覚 ▼「隠れ脳梗塞」を多発させる!悪い生活習慣とは? ▼血液中の赤血球が固まる!夏に多い理由とは? ▼飲酒!睡眠!要注意 ▼放置は危険!「脳梗塞」の予兆▼死んだ脳の神経細胞が再生!医療の常識を覆した最新研究とは?
引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/46651626/


スポンサードリンク

隠れ脳梗塞とは?

夏は汗をかいて、血液がドロドロになり
脳梗塞になりやすいと思っていましたが
そんな簡単な話ではなさそうです。

最近の酷暑で「夏血栓」という
キーワードが話題になっています。

夏血栓は、汗をかき、体が脱水状態に
なると体内の血液がドロドロになります。

すると血管の中に血の塊である「血栓」
ができて血管を詰まらせてしまうそうです。

その血栓が脳の血管を詰まらせてしまう
と脳梗塞になります。

引用:https://www.mbs.jp/mbs-column/maetoato/archive/2018/07/19/013161.shtml

一方、隠れ脳梗塞は、夏に限らず存在
するものです。

症状はないけど、CTやMRIなどの
検査で見つかる脳梗塞を「隠れ脳梗塞」
(無症候性脳梗塞)と呼ぶそうです。

引用:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20100728-OYTEW47865/

血圧の高い人は、正常の人に比べて
約3倍「隠れ脳梗塞」になりやすい
そうです。

隠れ脳梗塞が増えないようにするには
血圧の管理が最も大切で、血圧が高い
場合は、

生活習慣の改善や医師の治療など
適正な血圧になるようにする
必要があります。

私は、肥満気味で、血圧が高いので、
注意が必要ですね。

タバコもお酒も飲まないのですが、
米や麺類など、炭水化物が好きなので、
食生活を見直す必要がありそうです。

最近は、野菜を食べたり、間食を
減らしたりして、少しずつ体重が
減っています。


スポンサードリンク

熱中症と間違えやすい脳梗塞

熱中症と脳梗塞では、
似た症状が出るそうです。

めまいやろれつが回らなくなるなど
特に、暑い夏は、熱中症だと
思っていたのが、実は脳梗塞だったと
いうこともよくあるようです。

熱中症と脳梗塞で異なる点は、
脳梗塞の場合は、左右「どちらか」に
しびれが出るのに対し、

熱中症の場合は、左右「同時」に
しびれが出るそうです。

⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010000-fnnprimev-soci

熱中症と脳梗塞では、どのように
対処すれば良いのか異なるので、

あまり簡単に判断せずに、
放置したりしない方が良さそうです。

脳卒中の発見のポイント

「名医のTHE太鼓判」で先日放送されて
いた脳卒中を早期発見できる
4つポイントは「FAST」で

Face(顔)⇒うまく笑えない
「いー」と口を広げた時、一方だけ上が
る人は気をつける必要があります。

Arm(腕)⇒両腕が同じように上がらない
手のひらを上に向けて両手を上げ目を
閉じると、麻痺側の腕が回転しながら
落ちるそうです。

Speech(言葉)⇒ろれつが回らない
「さしすせそ」や「ぱぴぷぺぽ」など
普段は言えるのに、言いにくくなった
時は注意が必要です。

Time(時間)⇒何時に発症したかを周りの
人が覚えていると、治療薬の選択肢が
増えるそうです。

脳卒中を予防するには、しっかりと
水分補給するのが大切で、1日に1.5Lか
ら2.5Lの水を飲むと良いそうです。

参照:http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=74693/episodeID=1180232/

再生医療

私が子供の頃は、脳の神経細胞は
ある年齢までは増えるが、それ以降は
減っていくばかり、と言われていました。

それで、脳細胞はたくさんあって、
普段は使われていない部分が多いと
学校の先生に効いたことがあります。

しかし、再生医療の進歩は目覚ましい
もので、一度傷ついた脳の神経細胞でも
治療できる可能性があるようです。

引用:https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201802/0010953421.shtml

他にも、多くの研究が進められている
ようで、NHKのクローズアップ現代
などでも取り上げられています。

引用:https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3964/index.html

1日も早く普及して欲しいですね。

三宅裕司さん

三宅裕司さんが過労のため療養するそうです。

無理しないで欲しいですね。


スポンサードリンク


 - ゲンキの時間