メタボな中年おやじが気になるテレビ番組

もうすぐ50!メタボが気になるサラリーマンの中年おやじが毎日楽しみにしている健康番組や生活情報番組を取り上げて紹介しています。健康番組で紹介された気になる健康法や見逃した生活情報番組の再放送などテレビを楽しむための情報が盛りだくさん!

熱中症予防に最適の飲み物は?甘酒と牛乳が良いと言われる理由!

   

「甘酒」というと冬の飲み物の
イメージが強いですが、

実は熱中症予防に良いというのは
ご存知ですか?

経口補水液なんてモノが存在しない
時代の体調管理に甘酒が重宝されて
いたそうです。

俳句でも「甘酒」は夏の季語です。

それぐらい甘酒は夏の定番だったと
言うわけですね。


スポンサードリンク

牛乳が熱中症対策に良いらしい

暑くなると牛乳を飲むのは「ちょっと」
って感じです。

口の中に残るというか、
冷えていれば大丈夫なんですが

ぬるかったり、常温だったりすると
暑い時は臭いが嫌ですね。

ソフトクリームだったら良いですが
牛乳は暑い時の飲み物って感じでは
ありません。

その牛乳ですが、運動後に飲むと
汗をかきやすくなり、体の熱を
外に発散しやすくなるそうです。

牛乳に含まれる「ホエイたんぱく質」が
体にとりこまれると「アルブミン」と
いう物質に変わります。

アルブミンは体内の水分を血液に集める
働きをするそうで、血流が良くなり、

その結果、汗をかいて熱が体から
逃げやすくなり、熱中症対策になる、
ということです。

乳製品全般に「ホエイたんぱく質」は
含まれているので、ヨーグルトなども
効果がありそうです。

牛乳を飲むタイミングとしては、
ウォーキングを30分行った後に
300mlの牛乳を飲むのが
良いそうです。

それよりもハードな運動をして、
すでに汗をかいている場合は、
スポーツドリンクなどの方が
良いと思いますが、

軽い運動をした後、体温調整するのに
ちょうどいいのが牛乳のようです。


スポンサードリンク

甘酒が熱中症予防に最適と言われる理由

甘酒は「飲む点滴」と言われるぐらい
水分、塩分、糖分のバランスが良く、
必須アミノ酸やビタミン類など
栄養価の高い飲み物です。

熱中症予防の水分補給として
日本スポーツ協会では0.1%~0.2%の
食塩を含んだ飲み物を推奨しています。
⇒ http://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid919.html

0.1%~0.2%の食塩というのは、
100mlあたり40mg~80mgになります。

日本食品標準成分表2015年版によると
甘酒のナトリウムは60mgなので、
ちょうど適していますね。

森永の甘酒だと食塩相当量が190mgなの
で、少し多いのかも知れません。
⇒ http://www.morinaga.co.jp/products/detail.php?id=PRD2010-08-0059

私は、いつも粉末の甘酒を使っているので
薄めに作れば良いのでしょうか?

森永 甘酒粉末タイプ(約10杯分)【森永 甘酒】

氷を入れて飲めば、そのうち溶けて
ちょうど良いかも知れませんね。

長時間の運動をする時は、塩分と糖分を
含んだ飲み物が推奨されています。

スポーツドリンクなどは、結構甘いの
ですが、糖を含む飲料は、腸管での水分
吸収を促進するそうです。

その点からも、甘酒は適していると
言えるのかも知れませんが、
運動中に甘酒を飲むのは無理ですね。

甘すぎて、気持ち悪くなります。

スポーツドリンクでも甘すぎると
感じてしまうので、
私はスポーツドリンクと麦茶を
交互に飲んだりしています。

暑い時の水分補給は気を使いますね。


スポンサードリンク


 - 健康