トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

運賃無料タクシーって何?どこで乗れるの?利用方法や収益源は?

   

乗車運賃無料のタクシーが
平成31年3月から始まるそうです。


スポンサードリンク

日本初のサービスとなる
運賃無料のタクシーは、

最年少社長して15歳で大型イベントの
映像演出などを手がけるセブンセンスを
起業した吉田拓巳さんが

新会社「nommoc(ノモック)」を
設立して始めます。

無料タクシーって何?

無料の配車サービス「nommoc」は、
福岡市天神を中心に10台ほどで
平成31年3月からスタートし

東京オリンピックが開催される
2020年をめどに、東京など
主要都市での展開を目指すそうです。

2020年なんてすぐですね。

利用者は、専用のアプリを使って
配車を受けます。

アプリから利用者の情報を送り
タクシーに乗車している間、
利用者が関心を持っている

ファッションブランドやランチの
おすすめなどがタクシーの中の
ディスプレイに表示されるそうです。

昔は、タクシーに乗ると運転手さんに
おいしいラーメン店や
おすすめのお店などを聞いたりしましたが

それと同じような感じでしょうか?


スポンサードリンク

収益源は?

タクシーの車内のディスプレイに
流される広告のスポンサーが
コストを負担するのでしょうけど

収益モデルとして成り立つのか
疑問です。

タクシーの乗車距離が制限されるとして
1回1千円ぐらいが限界としても
それに見合う広告となると

ファッションブランドや
飲食店ではハードルが高いのでは
無いでしょうか?

直接、お店まで連れて行く
サービスならまだしも、
車内のディスプレーに広告表示する
だけで、どれほど効果があるのか
難しいと思いました。

AIを活用して利用者の行動パターンを
分析するそうですが、

次第に、購入が期待できる層にしか
配車されなくなったりするのでしょうか?

以前、下着が無料でもらえるという
「フリパン」というサービスに
登録した事がありますが、

属性がマッチングしなかったのか
1枚も送られてきたことがありません。

最近、フリパンのホームページを
見たところ、内容が微妙に変化していました。

アフィリエイトと同じように
企業の広告と連動している訳ですね。

こういった収益モデルなら
納得できるのですが、

無料タクシーはどうなんでしょう?

車内の広告を見せるだけで
千円ぐらいの報酬を得るのは
難しいと感じてしまいます。

車の外装も広告でラッピングして
乗車しても目的地に行くまでに
スポンサーもお店があれば

からなず停車して入店を促すぐらいの事が
あるかも知れませんね。

タクシーの運賃って、法律で規制されて
いたと思うのですが、
その辺りはクリアされているのか
気になるところです。


スポンサードリンク


 - 気になる商品