トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

痛みを脳で克服!慢性痛治療革命!痛み止めに匹敵する行動とは何?

      2018/05/10


5月9日放送の「ガッテン!」は
「痛みを“脳”で克服!
 “慢性痛”治療革命」です。

番組の内容は以下のとおりです。

痛みを感じる大もとは「脳」。そのメカニズムは複雑で多くの謎に包まれているが、「ある行動」を行うと、これまでの方法ではなかなか改善しなかった頑固な痛みが、大幅に改善することが分かってきた。この方法は世界中の医療機関ですすめられ、痛み止めの薬に匹敵する効果が期待できるとして、注目されている。必要なのは日常生活に「あること」を取り入れること。体の様々な痛みとサヨナラするための最新対策を徹底紹介!
引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/43741074/


スポンサードリンク

脳で治す腰痛

以前、腰痛に悩んでいた時期があり
関係する書籍を買い漁っていたのですが

「怒り」と腰痛が関係するというのが
最も腑に落ちた感じがしていました。

腰痛に関しては、NHKからも
出版されていますね。

脳で治す腰痛DVDブック

脳の絵を眺めるだけで腰痛が改善する

昨年、「ホンマでっかTV」では、
「脳の絵を眺めるだけで腰痛が改善する」
という内容で放送されたようです。

脳の絵に痛みに関係する場所を色付けし、
その色が小さくなるようにイメージする
そうです。

絵を見始めて4週間から6週間で
痛みがなくなる時間が増え、

4ヶ月で腰痛がほぼ改善されたそうです。

ちょっと時間が必要ですが、
それまで長い間、腰痛で悩まされていた
人たちには朗報ですね。


スポンサードリンク

悪態

ネットで調べていて面白いのを
見つけたのですが

悪態をつくことで
鎮痛効果があるそうです。

⇒ https://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52204348.html?_p=4

入院患者がわがままになると
聞いた事がありますが、

周りの人を困らせることで
自分の痛みを和らげているのであれば
納得ですね。

ストレスが溜まる職場に
意地悪な人が多いか、

意地悪な人が多い職場だから
ストレスが溜まるのか、

意外とシンプルに解決できるかも
知れませんね。

病は気から

「病は気から」という言葉がありますが
「プラセボ」というのをご存知ですか?

臨床試験などにも使用されますが
「この錠剤はよく効く」と信じて飲むと

たとえラムネや砂糖を固めたものであっても
病気に効いたりする事があるそうです。

特に痛みは人によって感じ方が違い
それを伝えるのも大変です。

「気のせい」で片付けられては
困ることもありますが、
自分も気の持ち方で痛みが
軽減できるなら
是非とも、その方法を知りたいですね。

(追記)側坐核

慢性痛の大きな原因は
「側坐核」の活動が低下して
痛みを抑える能力が下がっている
可能性があるそうです。

「側坐核」を元気にするポイントとして
「報酬」というキーワードが出てきます。

「達成感」を得られると
「側坐核」が反応するそうです。

そのため、小さな達成感が積み重なる
「運動」などがオススメということです。

私は最近、縄跳びを始めましたが
達成感ではなく、挫折感を感じています。

自分が思っていたような跳び方はできませんね。

走るのもそうですが、若い時のイメージがあるので
その時とは全く違う結果になって
とても残念な気持ちになってしまいます。

コツコツやって、達成できるとうれしいですね。

ガッテン!の再放送については、コチラです。
⇒ ためしてガッテンの再放送はいつ?見逃してしまった時はどうする?


スポンサードリンク


 - ガッテン