メタボな中年おやじが気になるテレビ番組

もうすぐ50!メタボが気になるサラリーマンの中年おやじが毎日楽しみにしている健康番組や生活情報番組を取り上げて紹介しています。健康番組で紹介された気になる健康法や見逃した生活情報番組の再放送などテレビを楽しむための情報が盛りだくさん!

タオル体幹ねじり運動のやり方や効果は?主治医が見つかる診療所!

   

4月19日放送の
「主治医が見つかる診療所」は、

「脳は何歳からでも若返る!
 脳を活性化する極意5ヶ条」です。


スポンサードリンク

認知動作型トレーニング

番組主治医の中山久德先生が、
東京大学名誉教授の小林寛道先生の
オリジナルのマシンがあるジムで、
脳を活性化させる注目の運動法を体験します。

小林寛道先生といえば、
「十坪(とつぼ)ジム」ですね。

小林寛道先生が開発した
「認知動作型トレーニング」を
実践できる場として

オリジナルのマシンを使って
トレーニングできるのが
十坪ジムです。

⇒ http://www.todaisports.or.jp/totsubo/

「認知動作型トレーニング」では、
体幹深部筋を鍛えることで
足腰や体の芯が強くなり

その筋肉からの刺激が脳幹に伝わることで
脳や神経系が刺激されて

寝たきり予防や認知症予防にも
効果が期待できるそうです。


スポンサードリンク

体幹ひねり

十坪ジムには、いくつものオリジナル
マシンがあるようですが、

その中のひとつに「体幹捻りマシン」
というのがあるそうです。

⇒ http://totubokobayashi.grupo.jp/free1373532

体幹をひねる動作は、体の柔軟性を高める
上で非常に重要な動きのようです。

かなり大掛かりなマシンですね。

これを使えば、しっかりと体の芯から
ひねることができそうです。

しかし、十坪ジムに通わなければ
運動できないのでは不便ですね。

調べてみましたが、我が家の近所には
十坪ジムは無いようです。

タオル体幹ひねり

「主治医が見つかる診療所」の
番組の中では、タオルを使った
体幹ひねり運動が紹介されるようです。

小林寛道先生の十坪ジムで
体幹ひねりを体験した
番組主治医の中山久德先生が
何か考案されたのでしょうか?

ゲストのみなさんとタオルを持って
何やらやっている画像が
テレ東プラスに掲載されています。


⇒ http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2018/016928.html

簡単にできる運動だといいですね。

タオルを持って、体をひねるだけでも
かなり運動になります。

手軽な方法でも奥深かったりするので
試してみる価値がありますね。

(追記)頭をつかう運動

結局、最後までタオルを使った運動は
紹介されませんでしたね。

紹介されたのは、
歩幅を70センチぐらいにして
歩くということでした。

70センチって、結構ありますね。

横断歩道の白い帯をまたいで歩くと
70センチぐらいになるそうです。

頭を使いながら運動するのって
結構、大変です。

関連記事

⇒ 脳を活性化するツボはどこ?主治医が見つかる診療所4月19日!

⇒ 岡部正の善玉コレステロール値UP生活とは?主治医が見つかる!

⇒ 主治医が見つかる診療所の舌の筋トレとは?あいうべ体操のやり方!


スポンサードリンク


 - 健康