メタボな中年おやじが気になるテレビ番組

もうすぐ50!メタボが気になるサラリーマンの中年おやじが毎日楽しみにしている健康番組や生活情報番組を取り上げて紹介しています。健康番組で紹介された気になる健康法や見逃した生活情報番組の再放送などテレビを楽しむための情報が盛りだくさん!

脳を活性化するツボはどこ?主治医が見つかる診療所4月19日!

   


4月19日放送の
「主治医が見つかる診療所」は

脳は何歳からでも若返る!
「脳を活性化する極意5ヶ条」です。

番組の内容は以下のとおりです。

脳を若返らせて認知症も防ぐ5つの極意を特集!簡単20秒ツボ押し&東大教授のタオル体幹ひねり&本を音読&米ぬか食べて&ワインで脳を活性化する驚きの方法とは!?
近い将来、65歳以上の3人に1人が「認知症」またはその予備群になる恐れがあり、認知症や脳の衰えは重大な問題に…。 でもご安心を。脳は何歳からでも鍛えることができます!そこで今回は、名医や専門家が自ら実践する、“いつまでも認知症にならず”、“頭の回転が早いままでいられる”ための、誰でもカンタンにできる、最新の「脳を鍛える5つの方法」を徹底的にお届けします。
引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/42858078/


スポンサードリンク

テレ東プラスの記事では、番組の内容が
伏字になっていました。

⇒ http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2018/016928.html

予告動画やテレビ番組情報などから
伏字が何なのか考えてみました。

「ワイン」を飲んで脳を活性化!

これは「ワイン」ですね。

ワインを飲んで脳を活性化するそうです。

ただし、飲む前にある事をするのが
ポイントなんだそうですが、

それは、番組を見ないと
わからないようです。

(追記)すぐに飲んではダメ

脳を活性化する重要なポイントは
ワインを飲む事ではなく、
香りを楽しむ事なんだそうです。

それなら、私のようにお酒を
飲めない人にも良いですね。

脳の機能と嗅覚には密接な
関係があるそうです。

香りを楽しんで、いろいろ考えるのが
良いそうで、ワインの香りは
産地などで複雑なんだそうです。

しかし、たくさんのワインを
試すのは、お金がかかりますね。

そこで、1本のワインを様々なグラスで
匂いを嗅ぎ比べると良いそうです。

グラスの形が違うだけで、
香りが変わるのですね。

匂いを嗅いで記憶を呼び覚まし
それを言葉にする事で
脳を活性化するそうです。

お酒の飲めない人は、
味の違うポテトチップなどで
目隠しして、
何味なのか当てたりすると良いそうです。

確かに、記憶を呼び覚まして
頭を使いそうですね。

東大名誉教授が考案!「体幹ひねり」運動で脳を活性化!

「体幹ひねり」運動だと思います。

東京大学名誉教授の
小林寛道先生オリジナルの
体幹ひねりマシンがある十坪ジムで
脳を活性化させる運動法が
紹介されます。

テレビ番組の情報では、
「タオル体幹ひねり」とあるので
専用のマシンを使わなくても

脳を活性化させる体幹ひねり運動が
できる方法がわかるのでしょうね。

⇒ タオル体幹ねじり運動のやり方や効果は?主治医が見つかる診療所!

(追記)頭で考えながら運動する

正解は、「頭で考えながらする」運動と
いうことです。

「体幹ひねり」ではありませんでしたね。

左右バラバラの動きを考えながら
動かすようです。

十坪ジムで、いろいろなマシンを使って
頭を使って運動をしていました。

マシンを使わなくても歩幅を広くして
歩くとよいそうです。

目安としては、70センチで
横断歩道の白い帯を踏まずにまたぐと
良いそうです。

タオル体幹ひねりはどこに
行ってしまったのでしょうね?


スポンサードリンク

わずか20秒!簡単「ツボ押し」で脳を活性化!

「ツボ押し」なんですが、

予告動画を見る限り
眉間というか目頭にある

「攅竹(さんちく)」と
いうツボを押していたようです。

ただ、「攅竹」は疲れ目に
効くツボとしては聞きますが
脳の活性化と関係あるのでしょうか?

脳の血流を良くし、暗算能力に効果的と
いうことです。

帝京平成大学の久島達也先生が
ゲストで解説するそうです。

(追記)攅竹

脳が活性化するツボは
「攅竹(さんちく)」で
間違いないようですね。

U字工事の福田さんが試してみて
ツボを押し始めて約20秒後に
脳の血流が増えていました。

三叉神経が刺激されて、
脳の血流が増えるそうです。

血流が増えて、暗算の早くなるそうです。

押し方としては、20秒ぐらい押して
休むを2回くらい繰り返すと良いそうです。

「米ぬか」を食べて脳を活性化!

これは、番組の内容にもありましたが、
「米ぬか」でしょうね。

最強の脳活性化食品ということです。

しかし米ぬかって、どうやって
食べたらいいのでしょうか?

番組主治医の南雲吉則先生が
「○○」をおいしく食べられる
料理を紹介するそうです。

(追記)フェルラ酸

米ぬかに含まれるフェルラ酸が
脳の活性化に良いそうです。

フェルラ酸には、美容効果もあるそうです。

「米ぬか」なんて、精米所にいけば
「ご自由にお持ち帰りください」と
なっています。

いつも精米に生きますが、
米ぬかを持って帰ってきた事が
ありませんが、

明日には、無くなってしまうかも
知れませんね。

米ぬか茶と米ぬかおにぎりが
紹介されました。

米ぬか茶は、米ぬかを焙煎して
お湯を注いだだけということです。

米ぬかおにぎりは、米ぬかを炒って
シラス、桜えび、塩昆布を足して
ご飯に混ぜるだけのようです。

白米にするために、精米したのに
米ぬかを足すなんて、何か変な感じです。

それなら、最初から玄米で食べれば
良いのでしょうか?

たしかに、米ぬかにしてから
調理すると、違うのでしょうね。

毎日10分間でOK!「音読」で脳を活性化!

最後は「音読」だと思います。

毎日10分程度の良いそうです。

声に出して読むのが良いと、
何年か前に流行りましたね。

(追記)読み始めて1分で活性化

カンニングの竹山さんが試していましたが
音読を始めて1分ぐらいで活性化したのが
わかりました。

10分ぐらい音読を毎日続けると
良いということです。

流石に、音読していると
家族にもバレますね。

関連記事

⇒ 岡部正の善玉コレステロール値UP生活とは?主治医が見つかる!

⇒ 主治医が見つかる診療所の舌の筋トレとは?あいうべ体操のやり方!

⇒ 大谷義夫医師の誤嚥性肺炎を予防する体操とは?主治医が見つかる!


スポンサードリンク


 - 健康