トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

高平尚伸の巻きタオルを使った姿勢改善法!若返り!ゲンキの時間!

      2018/06/08


4月1日放送の
「健康カプセル!ゲンキの時間」は

「~腰痛・膝痛・股関節痛~
 姿勢で若返り&痛み改善」

番組の内容は以下のとおりです。

姿勢の悪さを放置すると、老けて見えるだけでなく、肩コリや腰痛、頭痛、むくみ、など、様々な身体の不調につながります。 姿勢の悪さのタイプは大きく分けて2つ。カメとゴリラとは!? 今回は、簡単にできる姿勢チェック法と、その改善法を紹介します。 ▼姿勢を正すだけで5歳若返る!?プロ直伝の改善法とは? ▼問題は頭の位置!?姿勢の悪さが体の不調を生むメカニズム▼街角チェックで判明!カメとゴリラ、あなたはどっち!? ▼要注意!姿勢の悪さを生む生活習慣 ▼簡単!姿勢を良くする!壁スクワット&巻きタオル
出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/42136833/


スポンサードリンク

4月1日放送の
「健康カプセル!ゲンキの時間」には、
高平尚伸先生が出演されます。

高平尚伸先生のプロフィール

高平尚伸(たかひらなおのぶ)先生は
1964年生まれの東京都出身で
北里大学医学部を卒業してみえます。

現在は、北里大学医療衛生学部
リハビリテーション学科理学療法学専攻
の教授で

北里大学病院の整形外科で
診療してみえます。

専門は股関節の疾患、
運動器リハビリテーション、
スポーツ医学、静脈血栓塞栓症などで

「腰痛は巻きタオルでよくなる!」という
書籍を出版しています。

腰痛は巻きタオルでよくなる!

簡単にできる姿勢チェック法

姿勢チェックに必要なのは
「椅子」と「壁」です。

使用する「椅子」は座った時に
ひざが90度になるのが目安です。

「椅子」に座ったまま。
つま先とひざが軽く触れるまで
「壁」に近づきます。

この状態から立ち上がる事ができれば
何の問題もありません。

立ち上がる事ができない時は、
既に姿勢に問題があるか、
もしくは、その予備軍といえます。

猫背などで姿勢が悪い人は、重心を
大きく前に移動させないと立ち上がる事が
できません。

そのため、前に壁があると立ち上がる事が
難しくなります。

そして、骨盤の位置や正しい姿勢を
維持するために必要なインナーマッスルに
ついても確認しています。

骨盤の位置が正しくないと立ち上がり
にくくなります。

正しい姿勢を維持するための筋肉である
腸腰筋が弱いと立ち上がるのが
困難になります。


スポンサードリンク

巻きタオルを使った姿勢トラブル改善法

姿勢のトラブルで多いのは「猫背」です。

猫背になると「骨盤」が傾いてしまうのが
大きな問題です。

そこでバスタオルを使った改善法を
高平尚伸先生が提唱されています。

使うのは、バスタオルを丸めて
両端を輪ゴムで止めたモノです。

それを椅子の一番奥、背もたれの下に
当てがいます。

座る時にお尻の端をタオルに乗せます。

これで傾いた骨盤が、立った状態に
戻すことができます。

骨盤の位置を正しくすることで
姿勢改善の効果が期待できるようです。

昨年、高平尚伸先生が出演された
「世界一受けたい授業」の復習ページです。
⇒ http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/170520/03.html

(追記)アーカイブ

番組のアーカイブページです。

⇒ http://hicbc.com/tv/genki/archive/180401/


スポンサードリンク


 - ゲンキの時間