トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

岡部正が勧めるアディポネクチンを増やす方法は?ゲンキの時間!

      2018/01/28


1月28日放送の
「健康サプリ!ゲンキの時間」に

岡部クリニックの岡部正院長が
出演されるそうです。

岡部正先生は、流行語にもなった
「かくれ肥満」を著書で紹介した
お医者さんです。

「世界一受けたい授業」や
「主治医が見つかる診療所」など

健康をテーマにしたテレビ番組に
多数出演しています。


スポンサードリンク

100歳以上の高齢者の方たちの
血中アディポネクチン値を
調べると、

平均の2倍以上あると
慶應義塾大学の研究で
報告されているそうです。

また、マウスの実験では内蔵脂肪が多く
メタボリックシンドロームになると
短命化しますが、

このマウスに遺伝子操作で
アディポネクチンを増やすと、

寿命が延びることが証明されて
いるそうです。

アディポネクチンを増やすことが
できれば長生きできそうですね。

アディポネクチンとは?

アディポネクチンは、脂肪細胞から
分泌される超善玉ホルモンです。

アディポネクチンの働きとしては、
メタボや糖尿をはじめとした健康維持に
効果が期待できるそうです。


スポンサードリンク

アディポネクチンを増やすには

アディポネクチンは脂肪細胞から
分泌されますが、肥満になると

脂肪細胞が肥大化していびつになり
アディポネクチンの分泌が減るそうです。

アディポネクチンの働きに
筋肉でも脂質代謝を促し、
メタボの予防改善がありますが、

肥満になると、そのアディポネクチンの
分泌が減り、さらに肥満になって、
悪循環になりそうです。

どこかで、負の循環を断ち切り、
アディポネクチンを増やして
良い循環にしたいものですね。

アディポネクチンを増やすには、
アディポネクチンを増やす成分を
積極的に摂取するのが良さそうです。

アディポネクチンを増やす成分としては
オメガ3脂肪酸、ノビレチン、

βコングリシニン、少量のアルコール、
マグネシウム、食物繊維などがあります。

オメガ3脂肪酸の摂取には、
亜麻仁油が良いそうです。

ノビレチンはシークワーサーの
果皮に含まれているそうです。

βコングリシニンは大豆タンパクに
含まれているそうなので
納豆などが良さそうですね。

長生きホルモンとも呼ばれる
アディポネクチンですが、

日本人が昔から食べている
納豆や海藻などで増やすことが
できるようです。

しかし、すでに欧米流の食事に
慣れてしまっているので
食生活を見直すのも大変ですね。

参照ホームページ

⇒ アディポネクチンを増やすサプリメント
⇒ 岡部クリニックの院長紹介
⇒ 奇跡のホルモンアディポネクチン
⇒ アディポネクチンの役割
⇒ アディポネクチンを増やすには

⇒ 花良治みかんを購入するには?喜界島の幻の果物!ゲンキの時間!
⇒ ゲンキの時間!喜界島の人は何が違う?ご長寿ホルモンを増やす方法!
⇒ 岡部正が勧めるアディポネクチンを増やす方法は?ゲンキの時間!


スポンサードリンク


 - 健康