トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

DFreeの販売価格や購入方法は?主治医が見つかる診療所!

   

12月7日放送の
「主治医が見つかる診療所」は、

「人には聞けないおしっこトラブル
 スッキリ改善2時間SP」でした。


スポンサードリンク

膀胱にどれぐらいおしっこが
溜まっているのか計測して
排尿のタイミングがわかるんですね。

「DFree」という製品が
あるそうです。


⇒ http://dfree.biz/

これがあれば、おしっこがしたいと
思っても、本当に尿が溜まっているのか

わかるので、トイレに行く必要がるのか
判断できますね。

「DFree」は、現在、介護施設及び
医療機関への販売のみで、
個人には販売していないそうです。

しかし、これがあれば、在宅介護を
している人などは、便利ですよね。

個人向けの販売は2018年以降、
予定しているようなので、
楽しみですね。


スポンサードリンク

おしっこのトラブル

おしっこのトラブルというと
小さな子どものような感じがしますが
年をとってからもあるんですね。

私は、20代の頃から「ちょい漏れ」が
ひどくて、いつもトイレから出てくると
前を隠して歩いていました。

その為、紺や黒など、色の濃いスーツを
良くてきいました。

グレーのスーツとかだと、
濡れているのが目立つんですよね。

上着を着ている冬場は、隠せますが
夏は、クールビズもあって、
隠すのが難しいんです。

それで、尿モレパッドの付いた
介護用のパンツを履いていました。

あれって、ゴワゴワして
気持ち悪いんです。

それが、昨年放送されたNHKの
ガッテン!で、ちょい漏れの原因が
わかり、

対策するようになってから、まったく、
ズボンに染みなくなりました。

⇒ http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161019/index.html

ガッテン!の見逃し配信はコチラ

もっと早く知っていれば、
会社で恥ずかしい思いをしなくても
良かったんですけどね。

今は、普通のボクサーパンツを履いても
大丈夫なので、快適に過ごしています。

意外と、ちょい漏れで悩んでいる
男性って多いみたいですね。

あれって、男性特有の
悩みなんでしょうか?

トイレの後ではなく、力を入れた時や、
ビックリした時に、

すこし漏らしてしまうというのは、
聞いたことがあります。

介護してもらう時でも、
排泄の世話はとても大変だと思います。

いつまでも、トイレぐらいは
自分の力で行きたいものですが、
どうなんでしょうね?

シークヮーサーが、おしっこトラブルに
良いそうです。


スポンサードリンク


 - 健康