トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

認知症の35%は予防できる!最大の要因は聴力低下!ガッテン!

   

12月6日放送
NHK「ガッテン!」は

「認知症を防ぐカギ!
 あなたの“聴力”総チェック!」です。

「今年7月、権威ある医学雑誌で
 『認知症の最大の要因』と
 発表されたのが、意外にも「耳」。

 自分では気づけない『聴力』の低下と
 『脳』の驚きの新事実!
 いますぐチェックを!」


スポンサードリンク

番組の内容は、以下のとおりです。

実は「聴力」は、脳の広い範囲に影響を与え、ひとたび聴力に問題が出ると「脳が萎縮」しやすいことが明らかになってきた。実は、60代でも2~3割、高齢者全体では3人に1人が、「耳の機能の低下」が隠れているが、日常会話などには問題がないので自分ではなかなか気づけない!そこで今回は、皆さんの「耳」を徹底チェック!脳を守るためのアイテムの最新情報などもあわせて、耳と脳を健康に保つための術を大公開!
出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/37570275/

私の祖母は大正生まれなんですけど、
認知症っぽい感じはありません。

いつまでたっても耳だけは良くて、
遠くで悪口を言っていても
バレてしまいます。

今年7月にイギリスの医学誌
「ランセット」に掲載された
研究については、

BBCなどで
報道されていました。

⇒ http://www.bbc.com/japanese/40664963
⇒ http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10171

「認知症の予防可能な要因の
 リスクの度合い」として、

中年期の聴力低下が9%、
中等教育の未修了が8%、
喫煙が5%、うつが4%、

運動不足が3%、社会的孤立が2%、
高血圧が2%、肥満が1%、
2型糖尿病が1%、で

合計35%が予防可能な
要因ということです。


スポンサードリンク

耳と脳の関係

聴力は脳の広い範囲に影響を与えるので
聴力低下が起こると、脳が萎縮しやすい
そうです。

高齢者の3人に1人に、耳の機能低下が
隠れているそうですが、日常会話になど

には問題がない場合がほとんどで
自分では気がつかないことが多いようです。

会社の健康診断で聴力検査がありますが
あれで、異常が見つかるのか疑問です。

実際、自分が聴力以上になった事が
ないので、わからないだけですが、

聴力が衰えると、あの音が聞こえなく
なるのでしょうか?

楽器の演奏などで、指を動かしながら
音を聞くと、効果的でしょうね。


認知症予防にいいかもしれません。

花の匂いで、突然、昔のことを思い出す事が
あります。


匂いも脳を刺激するのでしょうか?

脳の研究が進んでいるので、
認知症の予防についても
新しい情報が出てくるでしょうね。

防ぐことができないと思っていた
認知症でも、若い時からの生活によって

予防できるのであれば、
なるべく早くから始めたいですね。

ガッテン!の見逃し配信はコチラ

ガッテン!関連の記事

⇒ ためしてガッテンの再放送はいつ?見逃してしまった時はどうする?

⇒ シャツの黄ばみの原因は?家庭のあるものでスッキリ消滅!ガッテン!

⇒ レンコンは節によって味が違う?ガッテンで紹介された調理レシピ!

⇒ ガッテン!血圧上昇を抑える簡単な方法とは?血圧サージの対策法!

⇒ ガッテン!足パカパカ体操のやり方動画や効果!股関節腰痛って何?

⇒ 謎の手首の痛みの原因は親指?チェック法や予防法!ガッテン9月13日!

⇒ くねくね体操とがにがに体操の動画!徳島大学の荒木秀夫教授が提唱!


スポンサードリンク


 - ガッテン