トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

NVIDIA(エヌビディア)のAIは何が違う?自動運転はいつ実現する?

   

12月4日放送の
「未来世紀ジパング」は

「世界一よくわかる
 …人工知能 AIの今!」


スポンサードリンク

AIといえば、IBMのワトソンとか
アップルのSiriぐらいしか
思いつきませんが、

NVIDIAが注目されているんですね。

NVIDIAと言えば、
パソコンのグラフィックボードというか

画像処理エンジンのメーカーだと
思っていたのですが

自動車の自動運転に必要な
大量のセンサーデータ処理を行う

AIテクノロジーで最先端を
進んでいるんでいるようです。

日本を代表する自動車メーカーの
トヨタがエヌビディアと組んで

自動運転システムの開発を
進めているようです。

自動運転は、技術開発が急速に
進んでいる分野だと思いますが、
人工知能(AI)は、必須でしょうね。

他にも半導体メーカーと組んで
開発を進めていると思いますが

画像処理が得意なNVIDIAは、
カメラなどから取り込んだ、

情報を元に、安全な自動運転技術を
開発してくれそうな気がします。


スポンサードリンク

進化するAI(人口知能)

人工知能(AI)の進化で著名なのは、
「将棋」ですね。

AIが人に勝てるようになるのは、
まだまだ先だと思われていました。

チェスは、すでにIBMの
スーパーコンピュータが、
世界チャンピオンを倒しています。

最近、グーグルのAIが囲碁の
世界チャンピオンに勝ったと
話題になりました。

将棋は、チェスや囲碁に比べて、
ルールが難しく、AIが人に勝つのに
時間がかかると思われていました。

しかし、電王戦で将棋AIの
ポナンザが名人に勝つようになりました。

私が注目しているのは、
医療の分野でのAI活用ですね。

IBMのワトソンを使って、
がんの治療に活用されています。

⇒ ワトソンヘルス!旭川医大とIBMが協業!ビッグデータAI活用!

自動車の自動運転にも興味があります。

私は、車の運転が下手なので、
1日も早く自動運転が実現して欲しいです。

コンピュータ関係の仕事をしているので
バグを自動で検出してくれるAIも
開発して欲しいですね。

未来世紀ジパングでは、
AIは「スーパー効率化」という
キーワードを掲げていますが

やっぱり、道具なんですよね。

最近注目されている原因は、
「学ぶ力がアップ」・・・
ディープラーニングですね。

ビッグデータを活用するには、
AIは必須です。

「目が良くなった!」・・・
画像認識の精度がアップしたそうです。

このあたりは、NVIDIAのような
画像処理の半導体が進化する
必要ですね。

NVIDIAって、ソフトバンクの
グループなんですね。


スポンサードリンク


 - ビジネス