トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

歯と歯の間に食べカスが詰まる原因や対策!放置するのは良くない?

   


先日、家族で外食していた時、
食後に爪楊枝で歯間を
シーシーしていると

子どもに、
「おじさん」と
言われてしまいました。

おじさんを否定する気は無いのですが
若い頃は気にならなかった
歯と歯の間の食べカスが

最近は、
とても気になるようになりました。

こんなに食べカスって、
詰まったかな?


スポンサードリンク

気にしていなかっただけなのかも
知れませんが、食後のお茶で
無くなっていた様な気がします。

上司と一緒に昼食などに行くと
上司は、かならず爪楊枝を持って
帰っていたのですが、

その様子を見て、
「おじさんだなぁ」と思っていたのが

今は、子供が私の姿を見て
おじさんだと思うのですから
面白いものですね。

歯間に詰まる原因は?

歯と歯の間に食べカスが
詰まりやすくなる原因は、

歯にすき間ができるからだと
思われます。

すき間ができる原因があると思いますが
考えられる原因としては、

「歯ぐきが痩せてしまう」
「歯と歯の間に虫歯ができる」
「デンタルフロスや歯間ブラシの
 使いすぎですき間ができる」

などが挙げられます。

私の場合は、加齢によって
歯ぐきが痩せてしまうのと

歯周病で歯がガタガタいっている
からなのではないかと考えています。


スポンサードリンク

食べカスを放置すると良くない

食後すぐに歯を磨かない方が良いと
言われた事があり、

歯みがきは食前にするように
しているのですが、

そうすると、食べカスが残りやすく
なりますね。

食べカスを放置すると、
口臭の原因になったり、

虫歯や歯周病の原因になることが
考えられます。

こうなると、歯みがきのタイミングが
難しくなりますね。

ネットで調べてみても
「食後30分はダメ」とか
「食後すぐの良い」とか

識者の考えによって違い、
イロイロ書かれてので、
余計に迷います。

私が一番良いと考えているのは
朝、起きてすぐと
夜、寝る直前、の2回で

昼食後は、爪楊枝などで
シーシーした後に、
うがいですね。

お昼は、会社で昼食なので、
歯を磨くような事は、
大げさすぎて難しいです。

家では、虫歯や歯周病というよりも
口の中の細菌が気になるので

寝る前と起きてすぐの
2回に落ち着きました。

タバコをやめてから、歯ぐきの出血が
無くなったので、以前ほど
歯周病を気にしなくなりました。

タバコをやめて、良いことは
たくさんあるのですが、
反対に困ったこともあります。

食事がおいしくなったので
肥満が止まりません。

散歩程度の運動量では、
消費しきれないので、
どんどん太ってしまいます。

食べる量を減らせば良いだけなのですが
それが難しいんですよね。

このまま、歯がボロボロになって
硬いものが食べられなくなったら
痩せるでしょうか?

それは嫌ですね。


スポンサードリンク


 - 健康