トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

たけしの家庭の医学!つまずき予防体操の動画!壁テストのやり方!

   

10月24日放送の
「名医とつながる!
 たけしの家庭の医学」は

便秘&血管の老化を止める3時間SP

(1)【つまずきの新原因】身長が縮んでいる人は要注意!?
(2)【便秘薬の新常識】便秘対策に危険な落とし穴が!
(3)【血管の老化ストップ食材】奥薗流最強レシピ!

3つのテーマが取り扱われます。


スポンサードリンク

番組の内容は、以下の通りです。

(つまずき)
年を重ねるとよく起きる『つまずき』。つまずいて転倒すると、骨折などを引き起こし、寝たきり状態になってしまう危険が!身長が縮んでいる人は、つまずきやすくなっている可能性が高く、要注意!?つまずきやすくなっているかを、家庭で簡単にチェックできる「壁テスト」をご紹介!
(便秘)
今年10月、日本で初めてとなる便秘治療のためのガイドラインが設けられた。その中で、私たちがやってしまいがちな便秘対策の中に、症状を悪化させ、治りづらくしてしまう危険な落とし穴があるという事実が!使い方を間違えると大変なことになる『便秘薬の新常識』を名医が徹底解説!
(血管の老化)
動脈硬化を引き起こす2大原因「高血圧」と「高コレステロール」。近年、この2大原因を予防・改善できる2つの食材があることが分かってきた。血管の老化をストップする食材は『豆腐』&『青魚』!奥薗流最強レシピを大公開!
出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/35824592/

ツイッターを見ていたら、
番組の紹介ツイートを見つけました。

ゲストの中村勘九郎さんが
何やら身に付けていますが
高齢者疑似体験用のベストでしょうか?

これを付けると、身体を動かすのが
大変なんですよね。

ゴーグルを付けたり、フルキットで
疑似体験すると、年をとるのが
憂鬱になります。


スポンサードリンク

つまずき防止体操

「つまずきを防ぐ科」に登場するのは
伊奈病院整形外科部長の
石橋英明先生です。

石橋英明先生は、埼玉医科大学の
協力のもと、高齢者456名を2年間に
わたって追跡調査し、

若い頃に比べて、身体のある部分に変化が
みられる人たちの方が、つまずきや
転倒が多いことを突き止めたそうです。

「ある部分」というのが気になりますね。

また、つまずきやすくなっているかが
家庭で簡単にチェックできる
「壁テスト」

石橋英明先生がおすすめする
「クッション一つでできる
 つまずき予防体操」も

番組の中で紹介されるそうです。

とても楽しみですね。

石橋英明先生と言えば、以前にも
たけしの家庭の医学に出演されて

ロコモティブシンドロームについて
お話されています。

⇒ https://www.asahi.co.jp/hospital/archive/doctor/broad_121016.html

石橋英明先生ではありませんが、
たけしの家庭の医学では、

5年前にも「つまずきの新原因」を
特集していました。

⇒ https://www.asahi.co.jp/hospital/archive/broadcast/2012_0508.html

この時は、
「つまずきの原因は首にあった」と

枕を変えることで
つまずきを予防できると
紹介しています。

今回は、どんな新発見があったのか
気になりますね。



先日、NHKで放送された
「ガッテン!」でも、つまずきについて
特集されていました。

⇒ http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170830/index.html

この時は、加齢によるものでなく
若い人などにもつまずくことが
増えているということで

体のキレを取り戻す体操などが
紹介されていました。

くねくね体操とがにがに体操の動画!徳島大学の荒木秀夫教授が提唱!

年を取って、寝たきりになる
原因のひとつに、つまずきなどによる
骨折があります。

高齢者が骨折すると、治りが遅く
それをきっかけにして、
痴呆が進んだりすることもあるそうです。

骨が弱くなっているので、
少しの衝撃でもケガに
つながるんですよね。

(追記)身長が縮む

20代の頃より身長が縮むと
つまずきやすくなるそうです。

多少は、縮むと思うのですが
身長が2センチ以上低くなると
つまずきやすくなるそうです。

身長が低くなる原因は
イロイロあるそうですが

椎間板が減ると、身長が低くなり
姿勢が悪くなるそうです。

そして、つまずきやすくなるそうです。

ちょっと、怖いですね。


スポンサードリンク


 - 健康