トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

音羽電機工業の避雷器!お天気ビジネス!がっちりマンデー9月10日!

   

9月10日放送の
「がっちりマンデー!!」は

「儲かる!お天気ビジネス」
大雨にも強風にも負けない!


スポンサードリンク

お天気に関わるビジネスで
がっちりの会社を徹底取材!

シャッターの会社が
うすうすシートで浸水を防ぐ!

年間約100万回起きている
雷から家電を救うものとは!?

番組の内容は、

お天気に関わるビジネスでがっちりの会社を徹底取材!
シャッターの会社がうすうすシートで浸水を防ぐ!
年間約100万回起きている雷から家電を救うものとは!?

突然豪雨になったり、やけに暑かったり雹が大量に降ったりと、最近は「お天気」に悩まされてる人がたくさん!ということは、そこには儲かりのタネが眠っているはず! 大雨が降ったら床がムクムクと起き上がり、浸水を防ぐ!?天気予報以上の細かさ!風の強さを場所も高さもピンポイントで予測しちゃう機器!?雷から私たちを守ってくれる避雷器。避雷針との違いって!? 困った天気に対処して、がっちりの会社を徹底取材!
⇒ https://tv.yahoo.co.jp/program/34173030/

VTR出演は、

文化シヤッターの
本宮久夫さんと廣瀬誠さん

エコモットの澤田幸寛さん

音羽電機工業の梶原宣隆さん

文化シヤッターの止水製品

文化シヤッターでは、
昨今のゲリラ豪雨に対応した

止水製品を
ラインアップしているそうです。

止水製品とは、敷地や建物の中に
氾濫した雨水が入ってくるのを
止める製品のようです。

通常、土嚢を敷地の入り口や
自動ドアの前に積んで、
水が浸入するのを防いでいますが

文化シヤッターでは、
簡易型の止水シートや

自動で起伏する止水板が
製品化されているようです。

台風などで事前に接近がわかっていても
対策するのが難しいのに、

ゲリラ豪雨で突然浸水なんてことに
なったら、地下駐車場なんて
水浸しになってしまいますね。

何か対策製品が無いのかと
思っていたのですが
止水製品というのが存在するんですね。

⇒ http://www.bunka-s-pro.jp/shisui/index.html


スポンサードリンク

エコモット

エコモットさんのホームページを
見たのですが、人に説明するのが
難しそうな会社ですね。

IoTを使って、様々な検査装置や
測定装置をつないで、データを収集し

分析して結果をフィードバックして
そんな感じですね。

概念的に、何となく理解できて、
個別に説明できると思うのですが、
全体的な説明って難しいですね。

がっちりマンデーでは、
お天気関連ということなので

風速などを測定する装置を
IoTで繋いで、工事現場の

危険度などを見える化するような
技術とかが紹介されるのでしょうか?

エコモットさんのホームページは
コチラです。

⇒ https://www.ecomott.co.jp/

音羽電機工業の避雷器

ゲリラ豪雨も怖いですが、
雷も怖いですね。

先日、スーパーセルのような雲に遭遇し
稲光が横に向かっていました。

何度も落雷があって、川向こうの町では
火災も発生したと聞いて、
ちょっと怖かったですね。

落雷にあうと、家電製品が壊れてしまう
と聞いたので、テレビやパソコンの
コンセントには耐雷タップを使っています。

ELPA LEDスイッチ耐雷タップ6口 WLS-LU630MB(W) 6口 3M 【05P29Jul16】

落雷で火事になってしまっては
効果が無いかも知れませんが、

テレビやハードディスクレコーダーなど
壊れてしまっては、困るので、

少しでも被害を軽減したいと
思っています。

がっちりマンデーで紹介される
音羽電機工業は、雷のスペシャリストで

雷から電子機器を守る避雷器や
落雷を予測して知らせる雷レーダーを
提供しているそうです。

避雷器って、
始めて聞くキーワードですね。

避雷針というの良く見かけますが、
どう違うのか、番組で説明して
いるようですね。

工場や事業所に雷が落ちると
家庭に落ちるよりも被害が甚大です。

特に半導体工場などだと
何億円という製品が使い物に
ならなくなるようです。

雷だけでなく、不安定な電力供給が
あると、事業に影響がでるので
様々な対策がとられていると思いますが

雷についても対策しているのでしょうね。

音羽電機工業のホームページは
コチラです。

⇒ http://www.otowadenki.co.jp/


スポンサードリンク


 - ビジネス