トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

ミルキン(見る菌)の価格や購入方法は?スマホを使った顕微鏡!

   

スマホで菌が確認できる小型の顕微鏡
「ミルキン(見る菌)」が注目を
集めているそうです。


スポンサードリンク

mil-kinを開発したのは、
群馬県前橋市富士見町にある
「アクアシステム」です。

スマホは附属していませんが、
スマホのカメラ機能を使った

顕微鏡で、飲食店や食品加工場などに
手軽に設置することができます。

購入は、アクアシステムさんの
特設サイトから注文可能で

価格は、本体が99800円(税別)
と送料が一律1500円(税別)です。

⇒ http://www.mil-kin.com/for-the-purchase/


スポンサードリンク

食中毒

昔は、食中毒といえば夏でした。

冷蔵庫で保存しておけば大丈夫だと
祖母は言っていました。

その後、加熱すれば良いとか
言っていた時期もあったのですが、
今はそんな訳ではなさそうですね。

先日、スーパーで買ったお惣菜から
O-157が検出されて

惣菜を食べた人たちが食中毒に
なった事件がありました。

重症になって人もいたんですよね。

回復したとしても、
後遺症が心配ですよね。

O-157だけでなく、
大腸菌とか、ノロウイルスとか
アニサキスとか

最近は、ウェルシュ菌なんて、
熱を加えても死なない細菌が
話題になりました。

カレーとか煮物で、
注意が必要なんですよね。

2日目のカレーが美味しいと
言っていたのは、昔の話ですね。

すぐに冷やして冷蔵庫に入れるのですが
3日目ぐらいになると、心配で
食べるのを止めてしまいます。

アニサキスの検査機器は、
先日、がっちマンデーで紹介されていました。

⇒ アニサキス検査装置のイシダ!がっちりマンデー8月20日!

O-157や大腸菌も
手軽に検査できるようになると
食中毒の予防には良さそうですね。

スマホのカメラを使った顕微鏡なら
夏休みの自由研究にも使えるかと
思ったのですが、

家庭用に10万円も支払える人は
そんなにいないでしょうね。

やっぱり、事業所用なんでしょうか?

セントラルキッチンとか食品加工場だと
必需品になるかも知れませんね。

先日、O-157が疑われた
お惣菜の工場も、サンプルを残して
おいて、検査に提出して、

O-157が検出されるまでに
時間がかかりました。

出荷する前に検査することができれば、
お客さんの口に入る前に、出荷を
止めることが可能です。

作った直後に、細菌が繁殖するのか
わかりませんが、少しでも被害にあう
人が少なくなったいいですね。

特に子供が被害にあうと可愛そうです。

以前、焼肉店で生肉を食べて、
食中毒になった子供がいましたが、
とても残念ですね。


スポンサードリンク


 - 気になる商品