トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

アニサキス検査装置のイシダ!がっちりマンデー8月20日!

   

8月20日放送の
がっちりマンデーは、

「年間売上げ1000億円を超えの企業は、
 絶好調に違いない!

 1000億円の大台にのったヒミツ大公開!

 お寿司屋さんなのに、ラーメンが大人気?

 ドラッグストアに野菜!?」


スポンサードリンク

がっちりマンデーで
1000億円企業として
くら寿司が取り上げられるようです。

くら寿司は良く行きます。

回転すしと言えば、くら寿司ですね。

子ども達に人気なんです。

しかし、くら寿司に行って食べるものと
言えば、「うどん」「ラーメン」
挙句の果てに「カレーライス」です。

「天丼」とか「うな丼」というの
ありますね。

ほとんど、お寿司以外のものを食べて
おなか一杯になって帰ってきます。

子どもがくら寿司の何が好きなのかと
いうと「鮮度管理システム」ですね。

レーンの最後ぐらいに、お寿司をはじく
機械があって、何周か回っているお皿は
自動ではじかれていきます。

それを見るのが好きなようです。

たしかに面白いです。

あと、くら寿司だとガチャポンがありますから
子どもは喜びますね。


スポンサードリンク

アニサキス検査装置

くら寿司の他に、
「イシダ」が登場するそうです。

「リーマンショックをはねのけて
 1000億円を達成したイシダが開発した
 水産業界の救世主!

 今話題のアレを光らせてがっちり!?」

となれば、アニサキス検査装置ですね。

TBSではありませんが、
他局で「鮮魚業界に救世主」と
紹介されていました。

⇒ http://www.ytv.co.jp/cematin/calendar/bn/mcms/20170725.html

アニサキスに反応する波長の紫外線で
魚の切り身のアニサキスをクッキリと
浮かび上がらせ

目視で確認しやすくするそうです。

アニサキス検査装置
「i-Spector」は20万円(税別)と
なっていました。

製品の詳細な情報は、
イシダのホームページに記載されていました。

⇒ http://www.ishida.co.jp/ww/jp/products/inspection/anisakisdetector/ispector.cfm

そして、さらに進化したのが、
イシダ独自の画像処理技術で
アニサキスを自動検出する装置です。

アニサキス自動検査装置
「i-Spector Auto」は、

コンベアで魚を搬送して
アニサキスを自動検出します。

アニサキスの話を聞いて、
少し生魚を食べるのが怖くなって
いたので、

こういった装置で検査してくれていると
うれしいですね。

しかし、最後は、人の手で除去するしか
ないんですね。

なかなか厄介なもののようです。

しかし、こういった装置を導入して
アニサキス対策しているのを
アピールすれば

回転すしの差別化に繋がるんじゃ
ないでしょうか?

生魚といえば、回転すしです。


スポンサードリンク


 - ビジネス, 気になる商品