トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

豆乳チーズ(不二製油)購入方法は?販売場所や価格!味の評判は?

   

8月7日放送の「未来世紀ジパング」は
「勃発!世界疑似食開発競争
 おいしいモノが続々出てきた!」

開発競争が繰り広げられている
「食」の分野で注目されている
「おいしい疑似食」についてです。

8月7日の放送で取り上げられた
おいしい疑似食は、

「おいしい疑似肉」と
「おいしい疑似チーズ」です。


スポンサードリンク

アメリカ西海岸で人気の
ハンバーガーショップの

一番の人気メニューは
健康的なハンバーガーだそうです。

低カロリーで低コレステロールの
ハンバーガーですが、
実は、肉を使っていないそうです。

肉は全く使わず、植物由来の成分で
見た目も味も、肉そっくりの

疑似肉を使ったハンバーガーが
人気になんだそうです。

それだけ、おいしい疑似肉が
出来上がっている訳ですね。

アメリカでは、おいしい疑似肉の
開発競争がはじまっていて

シリコンバレーなどのベンチャー企業が
最新の技術を使って作っているそうです。

その最新技術を日本の商社も
注目しているそうです。

おいしい疑似チーズ

日本の有名レストランで
「おいしい疑似チーズ」を提供する
お店が増えているそうです。

チーズと思って食べている人が
たくさんいますが、

実は、豆乳を原料とする
疑似チーズなんだそうです。


⇒ http://www.fujioil.co.jp/fujioil/topix/161004.html

不二製油が開発した豆乳チーズは
独自の加工技術で作る豆乳発酵食品で

従来のイミテーションチーズなどと
異なり、製造過程に乳製品のチーズ製造
と同じ発酵工程を経ています。

そのため、乳製品のチーズのような
手触りやコクが実現されています。

この疑似チーズを開発した不二製油が
アメリカに売り込み行く様子を
放送していました。

アメリカは、巨大市場です。

従来からある疑似チーズは評判が悪く
疑似チーズと聞くだけで敬遠する人も
多いのですが、

不二製油の疑似チーズを試食してみると
誰もが、良い評価をしてくれます。

アメリカのピザ店でも、
オーナーが試食し、新メニューに
加えてみたいと評価するほどでした。

とても気になったのですが、
不二製油の疑似チーズは業務用と
いうことで、

一般向けには販売されていないそうです。

しかし、業務用スーパーに
行けば買えるかな?

とか考えていたのですが、
アマゾンにありました。

冷蔵 大豆舞珠(まめまーじゅ)500g

冷蔵 大豆舞珠(まめまーじゅ)ブロック1kg

冷蔵 大豆舞珠(まめまーじゅ)MOU 500g

3種類販売されているのですが、
どれも購入可能なようです。

昆虫食

最後は、疑似食とは少し違うのですが、
昆虫食が紹介されていました。

コオロギで出汁をとり、
コオロギがトッピングされた
コオロギラーメンです。

慶應大学の学食で提供したところ
美味しいと評判です。

これまでも、イベント会場や
ラーメン店で限定販売し、
どこでも好評価を得ているようです。

見た目がグロテスクなだけで
味は美味しいんですね。

昆虫をタンパク源にするのは、
地域によって昔からあることなんですが
今は好んで食べませんよね。

しかし、近い将来、食糧難になり
昆虫を食べて生き延びることに
なるかも知れません。


スポンサードリンク


 - 気になる商品