トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

小和田成美のドレスクラックの値段は?鉛筆100本分の削りカス!

   

怒り新党でも
取り上げられていたんですね。

ヒルナンデス!を見ていたら、
面白いアート作品が
紹介されていました。


スポンサードリンク

鉛筆の削りカスで作った
アート作品です。

ヒルナンデス!で紹介していたのは
ニワトリの方だけでしたが、

怒り新党では、フクロウも
紹介されていたんですね。

このために、鉛筆を削っているので
「リサイクル」とは程遠いと思いますが

世の中、エコの時代だったので
こういった取り上げ方を
されたんでしょうね。

小和田成美さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/hirayama1989/status/824871839893647361

名前は、小和田成美(おわだしげみ)

東京藝術大学在学中に
KONICA MINOLTA エコ&アート アワード2013で
協賛社特別賞 IDÉE 賞を受賞

2017年に東京藝術大学美術学部
デザイン科修士過程2年を修了


スポンサードリンク

KONICA MINOLTA エコ&アート アワード2013

KONICA MINOLTA エコ&アート アワード2013で
協賛社特別賞 IDÉE 賞を受賞されているようです。

⇒ https://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013march/ecoart/report.html環境活動を促進するための芸術作品と
なっていますが、無駄に鉛筆を削る
小学生が増えないか、気になります。

これって、エコなの?

ヒルナンデスでは鉛筆100本分の
削りカスって言っていました。

100本で、こんなに素晴らしい
作品が製作できるのですね。

小和田成美さんは、値段が付けられない
と言ってみえましたが
手放す気はないんでしょうね。

普通に鉛筆を買っても1ダース
500円ぐらいでしょうか?

芸術的なセンスのない私が
5000円分の鉛筆を削っても
ただのゴミにしかなりませんね。

同じ素材を使っても、
芸術作品にできる人もいれば
ゴミにしかならない人もいます。

人の才能って、すごいですね。

何か、身につまされる思いです。

たくさんの労力を投じていても
ゴミしか生産できない人って
たくさんいるんですよね。


スポンサードリンク


 - 気になる商品, 話題の人