トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

ナッツの摂取でガンは減る!摂取しすぎるとガンになる?どっち?

   

週に57グラム以上のナッツを食べる人は
食べない人に比べて、結腸ガン経験者の

再発率とガンによる死亡率が低いという
研究結果が発表されました。


スポンサードリンク

米国ボストンにあるダナ・ハーバー・ガン研究所の博士らが実施した研究では、結腸ガン患者826人を対象に食事に関する質問に答えてもらったそうです。

回答者のうち19%の人が週に57グラム以上のナッツを食べていて、食べていない人に比べて再発率が42%、死亡率が57%低かったそうです。

以前からナッツ摂取でガンを予防するという研究結果が発表されていたりしましたが、今回は、結腸ガンの再発率と死亡率に関して、具体的な数値で効果が提示されました。

ナッツでガンになる

一方で、ナッツ類に付着するカビが原因でガンになるとも言われています。

⇒ http://news.livedoor.com/article/detail/10368772/

アメリカでは日常的にナッツを食べる習慣があるので、今回のような研究が行われたのだと思いますが、日本では一般的ではないですね。

ナッツ類も輸入されるものが多いので、カビの心配もつきまといます。

食べる量も圧倒的に違いますね。

ナッツって、スナックに行った時ぐらいしか食べないなぁ。

お酒のおつまみとしてぐらいしか売っているところを見たことがありません。

地域によっては、ピーナッツを良く食べるところもあるようですが、アーモンドやカシューナッツなどをおやつとして食べる習慣がありません。


スポンサードリンク

2型糖尿病の血糖コントロールを改善

ナッツ類に2型糖尿病の血糖コントロールを改善する効果があるそうです。

⇒ http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/wdc2013/201312/534107.html

昔から習慣的に食べているものって、健康に良いものが多いですよね。

日本でいう「みかん」のような存在のものが、ナッツなんでしょうね。

日本でも新鮮なナッツが食べれるようになると、もっと人気が高くなるかも知れませんね。

結腸ガンの再発率や死亡率を下げるには、週に56グラム以上ということです。

56グラムはアーモンドだと48粒、カシューナッツだと36粒ぐらいの量ということです。

2型糖尿病の血糖コントロールを改善するためには、日に56グラムの摂取ということです。

56グラムという同じ量ですが、「週」と「日」では大きく異なります。

毎日48粒のアーモンドって、結構、厳しいですね。

週に48粒だったら、日に7粒ぐらいなので、これぐらいならいけそうですね。


スポンサードリンク


 - 健康