トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

大腸がんに重粒子線治療は効果があるのか?費用や治療できる病院!

   


がんの治療法は、大きく3つあります。

・外科療法(手術)
・化学療法(抗がん剤)
・放射線療法

がんの種類によって異なるようですが
標準治療は主にこの3つの治療法で
成り立っています。

標準治療とは、科学的根拠に基づいて
推奨される治療です。

がんは、まだ、解明されていない
メカニズムが多い病気ですが、

これまでの知識の蓄積で
わかってきていることも
たくさんあります。

これまでに行われた治療のなかで
科学的に根拠があり、多くの人に

効果が期待できる治療法が
標準治療と言われています。

実績があり、効果が確認されている
方法が標準治療という訳ですね。

一方、先進治療というものも
あります。

標準治療に比べて、先進治療の方が
効果が高そうな印象を受けますが

安定的に効果がある方法というのなら
標準治療だと思います。

しかし、標準治療でも効果が出ない
場合などは、先進治療を受けて
何とかしたいと思うものです。

現在、注目されている先進治療と
しては「免疫療法」や
「重粒子線治療」などがあります。

しかし、先進治療は保険適用外が
ほとんどで、治療を受けるには
多額の費用が必要になります。

がん保険によっては、先進医療に
必要なお金を負担してくれるものも
あるようですが、

まだまだ、誰でも気軽に受ける事が
できる治療法という訳には
いきませんね。


スポンサードリンク

大腸がん

大腸がんは大腸に発生するがんです。

部位別に、盲腸がん、結腸がん、
直腸がん、と呼ばれます。

2015年の統計では、
がんの中で男女合わせた罹患数で
1番多いのが大腸がんです。

大腸がんの標準治療

大腸がんの標準治療は、
内視鏡治療もしくは手術の後に
化学療法や放射線療法となっています。

大腸がんの検査

大腸がんの治療で重要なのは
「早期発見」です。

大腸がんのステージ0での
5年生存率は約95%と
言われています。

大腸がんのステージ0は、
腸の粘膜までのがんです。

大腸がんの検査は
「便潜血検査」と
「大腸内視鏡検査」です。

定期健康診断などで「便潜血検査」を
受ける事ができます。

私は、5年ほど前に
「大腸内視鏡検査」を受けたことが
あります。

痔だったのかも知れませんが、
便潜血検査で陽性だったことがあり

気になったので内視鏡検査を
受けました。

大腸内視鏡検査の前には、
下剤を使って腸内洗浄を行います。

腸の中をからっぽにするのですが、
これに時間がかかります。

私の場合、朝から病院に行き、
腸内洗浄が始まりました。

内視鏡検査を行ったのは、
午後になってからだったので、
結局、1日中、病院にいました。

内視鏡検査の結果は問題が
無かったのですが、

「腺腫(せんしゅ)」が見つかり
取ってもらいました。

この腺腫が将来的に大腸がんに
成長する可能性があるそうで、

腺腫があるということは、
大腸がんになりやすい体質と
言われています。

その後、便潜血検査で陽性に
なったことがないので

大腸内視鏡検査は行っていませんが
定期的に受けた方が良いようです。

大腸がんの内視鏡治療

大腸がんでもステージ0や1の
初期の場合、粘膜にとどまっている
場合は内視鏡治療が行われます。

内視鏡治療はポリープの形によって
いくつかの方法があります。

代表的な内視鏡治療法である
ポリペクトミーは、きのこ型の茎を
もったポリープに行われるもので

ポリープの茎に金属の輪をかけ
高周波電流を流して焼き切る
治療法です。

大腸がんの手術

がん細胞が粘膜下層に深く入り込んで
いる場合は、手術をすることに
なります。

大腸がんの手術は、「開腹手術」と
「腹腔鏡手術」があります。

腹腔鏡手術は腹部の数カ所から
内視鏡と手術器具を入れて、
モニターを見ながら行う手術です。

高い技術が必要な手術方法ですが、
開腹手術に比べて患者の負担が
少なく、今では主流になっています。

大腸がんの抗がん剤

大腸がんで抗がん剤を使う目的は
手術でがん細胞がとりきれた時は
「再発予防」として、

また、手術では取り切れなかった
がん細胞の縮小と進行抑制が
あります。

大腸がんの抗がん剤は日々進歩して
いる分野です。

最近は特定の遺伝子を持つがん細胞を
狙い撃ちにしてがんの進行を抑える
「分子標的薬」の開発が進んでいます。

様々な抗がん剤が開発さることで、
治療法にも選択肢が増え、
治療効果が高くなっています。


スポンサードリンク

重粒子線治療

重粒子線治療は、放射線治療の
1つです。

通常、放射線治療で使用するのは
X線やガンマ線と呼ばれる光子線です。

放射線の中でも電子より重いものを
粒子線、ヘリウムイオン線より重い
ものを重粒子線と呼びます。

重粒子線治療では、炭素イオン線を
光の速度の約70%ぐらいにまで加速
させてがん細胞に向けて照射します。

X線などの放射線治療では、表面付近
での吸収線量が大きく、深さとともに
減衰するのに対し、

重粒子線では、表面付近の吸収線量が
小さく、粒子の飛程の終端で最も付与
する線量が大きく大きくなります。

放射線治療では、その副作用の影響が
大きかったのですが、重粒子線治療
では、ピンポイントでがん細胞を

狙えるので副作用の心配がほとんど
ないようです。

重量子線は、炭素イオンを加速させる
ために大規模な施設が必要になります。

加速器が必要になるので、現在、
日本で重量子線治療が受けられるのは
5箇所の施設となっています。

群馬大学医学部附属病院 重粒子線医学研究センター
⇒ http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/

放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター
⇒ http://www.nirs.qst.go.jp/index.shtml

神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設
⇒ http://kcch.kanagawa-pho.jp/i-rock/index.html

兵庫県立粒子線医療センター
⇒ http://www.hibmc.shingu.hyogo.jp/

九州国際重粒子線がん治療センター
⇒ http://www.saga-himat.jp/

治療をうけるための手続きは、
それぞれ違うようなので、
個別に確認が必要なようです。

費用は、概ね300万円ぐらいは
必要なようです。

保険適用の有無や、自治体からの
補助など、条件が異なるので

一律、いくらかかるというのは
わからないようです。

大腸がんは重量子線治療の対象と
ならないようです。

直腸がん術後再発や
大腸がん肝転移は
臨床試験中の施設もあるようです。

ピンポイントで重量子線をあてるので
動きやすい部位への適用は難しいと
聞いたことがあります。

がん治療について

患者の遺伝子情報を分析して
適切な薬のみを投与して治療を行う

プレシジョン・メディシンの
研究が進んでいて、

日本でも大腸がんの
遺伝子スクリーニング
ネットワークが始まっています。

⇒ プレシジョンメディシンが受けられる病院一覧!必要な費用は?

がんの種類というと、
部位別に分類するのが通常ですが

患者の遺伝子情報を分析して
最適な薬を探し出す研究が
始まっています。

膨大な研究論文と人工知能(AI)で
患者に最適な薬がないか探すそうです。

NHKスペシャルでプレシジョン
メディシンが紹介されていましたが

その時は、大腸がんの患者さんで
オプジーボが効果ありと判定され
治療に使われたそうです。

現在、オプジーボの保険適用は
悪性黒色腫、非小細胞肺がん、
腎細胞がんの一部ですが、

大腸がんにも効果が認められると
適用範囲が広がるかも知れませんね。

また、既に効果が確認されている
抗がん剤をがん細胞にのみ届くような

仕組みで効果を発揮している研究も
あります。

⇒ 副作用のない抗がん剤P-THPで治療できる病院は?効果や評判!

抗がん剤といえば、
がん細胞にだけでなく

正常な細胞にまで影響して
しまうため副作用が心配です。

がん細胞にのみ、抗がん剤の効果が
発揮されるのなら、副作用の心配が
小さくなります。

がん治療については、
薬や治療法など、
日々、進歩しています。

今日、治らなかった病気でも
明日になれば、治るようになるかも
知れません。


スポンサードリンク


 - 健康