トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

ハチミツで食中毒!乳児に危険な食品とは?離乳食で与えてはいけない!

   

東京都足立区でジュースにハチミツを混ぜ
離乳食として食べた生後5か月の赤ちゃんが
食中毒で亡くなったそうです。

食中毒の原因は、ハチミツに含まれる
「ボツリヌス菌」だそうです。


スポンサードリンク

大人が食べても大丈夫なハチミツですが
消化器官が未熟な乳児が食べると
食中毒を引き起こす恐れがあるそうです。

東京都は、1歳未満の赤ちゃんに
ハチミツを与えないよう注意を呼び掛けています。

赤ちゃんに危険な食品

ハチミツのように、大人には大丈夫でも
赤ちゃんには危険な食品があります。

消化器官が未熟なためということもありますが
まだ、成長途中で、アレルギーなどの危険が

ハッキリしない時期で、
注意が必要な食品もあります。

離乳食に使わない方が良い食品がいくつか
ありますので、赤ちゃんに与える前に
危険がないか確認するようにしましょう。

アレルギーの恐れがある

卵やそば、牛乳、魚介、大豆、小麦などは
アレルギーが含まれる食品として
初めて与える時には注意が必要です。

卵は、生卵ではなく、加熱した黄身を
少しずつ与えて、アレルギーが無いか
様子を見た方がいいでしょう。

うちの子が生卵で、少しアレルギーが
ありました。

3歳ぐらいの時に卵かけご飯を食べ
肌にぷつぷつが出ていました。

アレルギーというほどでもないかも
知れませんが、インフルエンザの
予防接種を受けると、


スポンサードリンク

注射した腕が赤く腫れるので、
毎年、予防接種を受けるか悩みます。

また、平日の昼間で病院の診療時間で
何かあった時にはすぐに駆け込める

タイミングで与えるようにした方が
いいでしょう。

魚介は大人でもアレルギーの人がいますので
アレルギーがあるかわからない時は
少しずつ、試しながら与えましょう。

赤ちゃんに与えてはいけない食品

ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには
与えないで下さい。

ボツリヌス菌が原因で、
乳児ボツリヌス症になり
亡くなってしまう事もあります。

1歳を過ぎると大丈夫と言われていますが
個人差があると思いますので、
様子を見ながら与えると良いでしょう。

お刺身は3歳過ぎてから与えるように
しましょう。

生ものなので、注意が必要です。

あと、意外ですがうなぎは2歳を過ぎてから
与えるようにしてください。

うなぎは小骨が多く、小さな赤ちゃんには
危険です。

脂分も多いので、消化不良を起こすことも
あるようです。

牛乳などは母乳の代わりになりそうな気がしますが
1歳を過ぎてから少しずつ与えましょう。

大人と違って、消化器官などが
未熟な赤ちゃんです。

食べるものも、全く同じという訳には
いきませんね。

喉に詰まらせたりする危険もありますので
何を与えたら良いか、調べてから
食べさせましょう。


スポンサードリンク


 - 健康