トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

ヒノキ花粉の終わり時期はいつ?2017年春の花粉は非常に多い!

   

2017年も花粉症の季節が
始まりました。

私は、毎年、1月の終わりから
薬を飲み始めています。

【第2類医薬品】アレジオン20 6錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

1月に病院に行って、
いつもと同じアレジオンを処方して
もらったのですが

先週、また同じ病院に行って、
薬を処方してもらおうと思ったら

「アレジオンの取り扱いをやめました」

と言い出し、

「他の薬を処方しますね」

何が起こったのか理解できずに
新しい薬を処方してもらうことに
なりました。

こんな事ってあるんですね。

確かに、アレジオンなら、
わざわざ病院で処方してもらわなくても
薬局で買えるのですが、

新しい薬がどれぐらい効くのか
気になり試しています。

新しく処方してもらった薬は
「ビラノア錠」という薬です。

ビラノア錠

私が処方されたビラノア錠は、
Meiji Seika ファルマと
なっていますが

大鵬薬品工業が製造販売している
そうです。

「1日1回」飲むだけなので、
今まで飲んでいたアレジオンと
同じだと思って、了承したのですが

「空腹時」に飲んでくれと言われて
ちょっと困っています。

食後って、タイミング的に
飲みやすいんですよね。

忘れにくいというか、
「薬を飲まないと」と
思い出しやすいんです。

しかし、空腹時って、
薬を飲む習慣がないので
飲むのを忘れてしまいがちです。

そして、もう1つ厄介なのが
「14日分」しか処方されません。

ビラノア錠は2016年11月から
販売が始まった新しい薬なので


スポンサードリンク

1度に処方されるのは「14日分」と
決まっているそうです。

私は、スギ花粉よりも
ヒノキ花粉の方が反応するので、

ゴールデンウィーク前ぐらいまで
薬を飲んでいます。

28日分を処方してもらえれば
あと、1回、病院に行けば済むのですが

14日分の処方だと
あと3回は病院に行く必要があります。

これは手間ですね。

飲み薬の他の対策

2017年のスギ花粉のピークは
3月上旬から中旬のようです。

すでにピークに入ったようですね。

ヒノキ花粉は4月上旬から中旬で
例年と変わらないようです。

花粉の量は、前年に比べると
関東の方は、少ないようですが、

九州や四国、近畿、東海、では
非常に多いと予想されています。

私の場合、
ヒノキ花粉の季節が始まると

飲み薬だけではガマンできず、
点鼻薬やマスクも使います。

点鼻薬は使いすぎると
ボーっとしてしまい、
体調が悪くなります。

加減が分からず、
やりすぎてしまうんですよね。

そこで活用したいのは
マスクですね。

メガネをかけているので、
マスクをすると曇ってしまって
あまり使いたくないのですが、

いつも使っているのは、
ユニ・チャームのソフトークです。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 100枚入

マスクをすると耳が痛くなるのですが
このマスクは、当たりがやわらくて
1日付けていても大丈夫です。

普通の薬局やドラッグストアだと
30枚入しか無いのですが、
100枚入りの商品もあるんですね。


スポンサードリンク


 - アレルギー