トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

副作用のない抗がん剤P-THPで治療できる病院は?効果や評判!

      2017/02/22

がん治療の基本は、手術と放射線、
抗がん剤というのが3本柱です。

最近は、免疫療法や重量子線治療も
注目されていて研究や開発されています。



スポンサードリンク

医療保険の対象となったオプジーボは、
免疫療法の1つですが、
薬の値段が高くて、

がん治療に効果があったとして、
保険財政が圧迫される心配があります。

しかし、製薬会社にとっては、
貴重な収入源ですよね。

せっかく、開発が成功した薬なので、
しっかりと稼ぎたいと
思っていることでしょう。

まだ、認可されたばかりの薬で
特許も取得しているでしょうから、
たとえ高くても、

製薬会社の言い値で使わせてもらうしか
ありません。

新薬は高いですよね。

できれば特許の切れた薬をつかって
効果的ながん治療は無いものでしょうか?

風邪薬に含まれる成分に
がん細胞の転移を抑制する効果が
見つかったというニュースもありました。

⇒ フルフェナム酸とは何?風邪薬にがん細胞の転移を抑制する効果!

こういった発見が続けば、
安く、効果的な治療法が

見つかるのではないかと
期待しています。

副作用のない抗がん剤

すでに特許の切れた抗がん剤を
腫瘍だけに届ける技術を開発している
人がいるそうです。

がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生

新品価格
¥1,620から
(2017/1/18 14:23時点)

原理は、抗がん剤にポリマーという
高分子をくっつけて、
体内に送り込むそうです。

抗がん剤にポリマーをくっつけると
「P-THP」となるそうです。

Pはポリマーで、
THPは抗がん剤のピラルビシンです。

血管には小さな穴が開いていて
そこから酸素や栄養が体全体に
供給されるのですが、

その穴は通らないぐらいの大きさに
抗がん剤をするそうです。

普通の抗がん剤はとても小さく、
血管の穴を通過して、
体中の臓器に行き渡ってしまいます。

それが副作用の原因になるのですが、
抗がん剤にポリマーをくっつけて
大きくすることで

血管から出ないようになります。

しかし、腫瘍を取り巻く血管には、
大きな穴が開いていているそうで

P-THPはそこから血管を抜け出し
腫瘍へ入り込んでいきます。

つまり、腫瘍にだけ集まる
抗がん剤ができたそうです。

そうすることで、副作用がない
抗がん剤になりました。

簡単に書いてしまいましたが、実際は、
とても難しいことなんでしょうね。

ポリマーから抗がん剤が離れる
仕組みとか

効果的に腫瘍に集まる仕組みとか
もっといろいろあるそうです。

副作用がなくなると

通常の抗がん剤治療を行うと、
副作用で体が弱ってしまいます。

抗がん剤はがん細胞だけでなく、
健康な細胞まで攻撃して
破壊してしまうため

自分の命を削りながら
がんを治療することになります。

最後、がん無くなるか、
自分の命が亡くなるかぐらい

抗がん剤治療は
体に負担のかかることです。

その副作用が無くなり、
抗がん剤ががん細胞だけ

攻撃するようになると
良い事がたくさんあります。

がん治療をしているにも関わらず、
普段どおりの生活を送ることが
できるようになるそうです。

仕事にも通うことができるのなら、
がん治療も行いやすいですね。

また、放射線治療など、
他の治療も一緒にできるようになります。

今までは、副作用の影響が大きく、
抗がん剤治療中は、
放射線治療は無理だったようです。


スポンサードリンク

効果が期待できるがんの種類

とても期待が持てるP-THPですが、
どんな種類のがんにでも有効な訳では
ないみたいです。

効果が期待できるのは、
前立腺がんや乳がん、卵巣がんなど

ホルモン依存性がんには
よく効くそうです。

胃がんや肺がんなどは
効果が未定ということです。

重量子線だと乳がんは難しいそうなので
がんの種類によって、使い分けできたり
するのでしょうか?

開発がすすまない理由

とても期待されているP-THPですが
まだ、未承認の薬で大学の研究室で
細々と作られているだけのようです。

臨床試験とかは、
まだ先のことなのでしょうね。

特許の切れた抗がん剤を使っているため
製薬会社はあまり儲からないのでは
ないかと、言われていますが、

本当のところどうなんでしょうね?

研究しているのは、
崇城大学DDS研究所の
前田浩教授です。

⇒ http://www.ph.sojo-u.ac.jp/dds/dds/Member.html

ノーベル賞の候補として
話題になることもある先生です。

一刻も早く、患者さんに届くように
なって欲しいですね。


スポンサードリンク


 - 健康