トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

リンカーズの評判は?マクアケの活用法!ガイアの夜明け1月17日!

   


スポンサードリンク

1月17日放送のガイアの夜明けは、
「シリーズ地方からの挑戦②
 ”世にない商品”生み出す新手法」

日本全国にはモノづくりにかけては世界でも秀でた企業少なくない。その中には資金不足でローカルゆえに、日の目を見る事が出来なかった企業もある。今、これまで埋もれていた企業を手助けする新しい仕組みやシステムが注目されている。個人から資金を集めるクラウドファンディングの新たなカタチと大企業と地方の中小企業を結び付けるこれまでにないやりかたに注目する。

最近、ドラマばかり観ていて
「ガイアの夜明け」を
観ていませんでしたが

久しぶりに面白そうなテーマだったので
取り上げてみました。

地方で埋もれている企業の支援方法は
いくつもあると思いますが、

地方創生の時代と言われているほど、
積極的に支援はされていないように
思います。

結局、行政や地方銀行が
主体とならざるを得ないのですが、
新しい動きは歓迎したいものですね。

マクアケ(Makuake)

サイバーエージェントが始めた
クラウドファンディングサービスの
マクアケ(Makuake)です。

⇒ https://www.makuake.com/

マクアケは、日本各地にある
アイデアや技術を持った
企業をサポートして資金を集め

商品化を手伝う
クラウドファンディングです。

クラウドファンディングなので、
基本的なシステムは一緒だと
思うのですが

プロジェクトに対して出資者を募り、
プロジェクトをサポートします。

マクアケの特徴としては、
プロジェクトで商品化された製品を

マクアケのECサイト
(MakuakeSTORE)で
販売できる仕組みがあることです。

番組で紹介されている
便利ツールもMakuakeSTOREで
販売されています。

⇒ https://www.makuake.com/project/keyquest/shopping/?utm_source=20170111_keyquest&utm_medium=sns_owend


スポンサードリンク

どうしても、地方の企業では、
アイデアや技術があっても

それを実行する時に資金が集まらずに
断念してしまうことが多いようです。

資金を集めるといっても、公的資金か
銀行ぐらいしか調達方法のない企業も
多いと思います。

多様な資金集めの方法が増えていますが
それらを活用できる企業は
ほんの一部なのでしょうね。

クラドファンディングのサービスを
企業が使いこなすには、

サポートしてくれるアドバイザーの
存在が不可欠なのではないでしょうか?

中小企業診断士とかコンサルタントが
このポジションを担えれば
いいのでしょうけど

そんなノウハウを持っている
コンサルタントなんて、
ごく僅かでしょうね。

リンカーズ(Linkers)

リンカーズ(Linkers)は、
企業の事業戦略や製品企画などの
秘密を守りながら

パートナー企業とのマッチングを
サポートする会社です。

⇒ https://linkers.net/

マッチングビジネスが流行っていますが
BtoBで公開できない情報の

秘密を守ってパートナー企業を探すのは
大変なことです。

大手企業が独自にパートナー企業を
探し始めると、その時点で、

どんなビジネスに進出しようと
しているのか予想がついてしまいます。

佐川のCMではありませんが、
物流会社にモノを運ぶのを

依頼しただけで
何を運んでいるのかバレてしまい、

どんなビジネスに進出しようと
しているのか予測されてしまう
時代です。

佐川のように、かってに予測されて
あれやこれと提案してくるような
会社は少ないと思いますが、

モノの輸送を依頼するだけでも
口の堅い、信頼できる企業を
選ぶ必要があります。

まして、パートナー企業を探すとなると
ある程度、ビジネスを行うのが
決まっている段階です。

その時点で情報漏えいがあると
企業が受けるリスクは相当なものが
ありそうです。

リンカーズは、
大企業と技術を持つ中小企業を

マッチングさせるのを得意としている
会社です。

すでに、WBSなどで
取り上げられているようですね。

⇒ http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/feature/post_83609/

地元企業に詳しい
「コーディネーター」が
カギを握っているそうです。

地方企業で技術力があっても、
それを知らしめる方法がなければ
仕事につながりません。

口コミで拡がる分野ならいいですが、
BtoBの取引ばかりだと
なかなか難しいでしょうね。

「知る人ぞ知る」の知っている人を
たくさん集めることで、

情報の流通がスムーズになって
技術力のある企業が世に出て行くことに
なるのでしょうね。


スポンサードリンク


 - ビジネス