トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

龍角散のど飴にはヒゲナミンは含まれません!龍角散の原料は何?

   

日本卓球協会ドーピングコントロール
委員会は、2017年1月1日より
新たにドーピング扱いに指定される

禁止物質として「ヒゲナミン」が
含まれる「南天」入りののど飴を
使用禁止にしました。


スポンサードリンク

ということは、「南天のど飴」を
アスリートは使用できない訳ですね。

のど飴って、薬ではなく、
お菓子のイメージで服用することが
あるので、注意が必要ですね。

龍角散ののどすっきり飴

どこでどんな勘違いがあったのか、
龍角散ののどすっきり飴も

「南天」が含まれていると
噂され、ツイートが
拡散されたようです。

龍角散が公式ホームページで
否定していますね。

龍角散ののどすっきり飴の原材料は、
砂糖、水飴、ハーブパウダー、ハーブ
エキス、香料、着色料、酸味料、です。

龍角散の成分を見ても、
キキョウ末、キョウニン末、センガ末、
カンゾウ末、です。


スポンサードリンク

ヒゲナミンは、ゴシュユ、ブシ、
サイシン、チョウジ、ナンテン、に
含まれるようですが、

龍角散ののどすっきり飴にも
龍角散にも、その成分は
無さそうです。

ライバル商品になるのかわかりませんが
「浅田飴」には、エフェドリン(麻黄)
という禁止物質が含まれるため

以前から、選手達は服用していなかった
ようです。

「飴」という言葉のイメージで
服用してしまうと、危険ですね。

以前から愛用していました

10年以上前から
「龍角散ののどすっきり飴」を
愛用しています。

のど飴なのに、薬っぽい味がするのが
いいですね。

乗り物酔いが酷くて、
出張などで出かける時に、
酔い止め代わりに舐めていました。

勝手に薬だと思い込んでいるだけ
なのだと思いますが
効果はあります。

ドーピングといえば、
日本自転車競技連盟の公式スポンサーで

公式サプリメントとして
選手に配布されていた
古式梅肉エキスに

禁止物質が含まれていると
話題になったことがありました。

連盟が認めた公式サプリメントから
禁止物質が検出されたということで

選手の人たちは、
ひやひやしたでしょうね。

公式サプリメントということは、
競技会場などでも配布されていたはず
ですので

選手達は安心して服用していたと
思います。

そんな商品から禁止物質が
検出されるなんて、
誰も想像していなかったと思います。

これが原因でドーピング違反となったら
服用した本人だけでなく、

連盟や、スポンサーをした企業まで
ショックでしょうね。

事前に判明してよかったですが、
禁止物質だと分かっていて服用する
確信犯は仕方ないにしても

知らずに違反になってしまうのは
かわいそうなので、事前にしっかり
調査して欲しいですね。


スポンサードリンク


 - 気になる商品