トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

バカリズムのすべらない話!アマゾンの1億2千万円のロボット!

   

人志松本のすべらない話で
バカリズムさんが話していた

1億2千万円のロボットを探してみました。


スポンサードリンク

バカリズムさんは、アマゾンでどれだけ高額の
商品が販売されているのか調べたそうです。

そうすると、1億2千万円のロボットが
販売されているのを見つけたようです。

これですね。

クラタス スターターキット

新品価格
¥120,000,000から
(2017/1/7 22:11時点)

値段は1億2千万円でした。

ゼロが並んでいるので、
一瞬、いくらかわかりませんでしたが、

区切りのカンマが2つ付いているので
1億2千万円で間違いなさそうですね。

値段が1億2千万円なのに、
送料が350円って、
アマゾンっぽいですね。

販売主は、水道橋重工です。

水道橋重工

水道橋重工とは、コレですね。

⇒ http://suidobashijuko.jp/

水道橋重工は、
造形作家の倉田光吾郎さんと
ロボット研究家の吉崎航さんの

プロジェクトで、
操縦可能な巨大ロボット
クラタスを開発しています。

パトレイバーの篠原重工とは
違いますね。

やっぱりロボットを作るのは
重工業でないといけないですね。

三菱重工でも作らないでしょうか?

1億2千万円でロボットが買えるのなら
ジャンボ宝くじの
ロボットより安いですね。

エンジン別売りで10億円必要、
なんてことにはなりませんよね?


スポンサードリンク

操縦可能なロボット

マジンガーZで育った世代の
男子としては、操縦可能なロボットに
乗りたい夢は消えていません。

ボスロボットぐらいなら
作れると本気で考えていましたが
無理でしたね。

大人になる頃には、
ガンダムがお店で買えると
思っていたのですが、

それも無理だったようですね。

そもそも、人が乗れるぐらいの
大きさになると、
2足歩行は難しいようです。

その大きさで2足歩行するような
ロボットに人が乗ったら、
乗り物酔いが凄そうです。

せめて、キャタピラーで
移動させるぐらいですね。

ガンタンクのようなロボットだったら
大丈夫でしょうか?

パトレイバーなんかでもそうですが、
作業用にロボットができたら
どんな使い道があるのでしょうね?

いつかは、人が乗って操縦する
ロボットが作られると思いますが

リモコンで動くロボットの方が
先でしょうね。

アイボのように人工知能で
自律的に動くロボットは
実用化されていますし、

アシモのように、プログラムで
動くロボットも既にあるので

近い将来、移動用のロボットが
できるかも知れませんね。

とりあえず、階段を登ってくれる
ロボットができると、
観光地や登山で活躍できますね。


スポンサードリンク


 - 気になる商品