トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

原口一博元総務大臣が公表した遺伝性の骨の難病とは?病名や治療法!

   

へそ曲がりなんでしょうか?

主流派と言われる人たちが嫌いです。


スポンサードリンク

選挙があると自民党には
投票しませんでした。

しかし、民主党にも裏切られたので
金輪際、投票することはありません。

結局、投票する先が無くなって、
選挙にも行かなくなってしまいそうです。

政治不信という言葉がありますが、
ホント、そうなんですよね。

おっさんの国会議員って、
みんな時代劇の悪代官みたいな
顔しているので

何か信用できないんですよね。

疑い始めたらキリがないのですが、
選挙演説を聞いていても口先だけの
ような感じになってしまいます。

もともと人を信じていないのが
生活全般に現れているのでしょうね。

原口一博元総務大臣が公表した難病

民進党の原口一博元総務大臣が
自身の病気を公表されました。

テレビで観ているだけの印象だと
この人、ノリが軽いので、
あまり信用できないんですよね。

しかし、好きか、嫌いか、と聞かれると
嫌いではない政治家の一人です。

遺伝性の難病なんですね。

仕事には影響するでしょうけど、
仕事をお任せするかどうかは、
有権者が判断することです。

国を引っ張れるかどうかは、
病気でない国会議員でも難しことなので
何とも言えませんが、

有権者が正しい判断を下せるように
情報提供はして欲しいですね。


スポンサードリンク

ただし、病気であっても日本のために
頑張っている人を、
有権者はわかっているはずです。

そうであって欲しいですね。

そうか、原口さん本人だけでなく、
家族や親族にも影響があるんですね。

原口議員の病気について

ことの始まりは、2014年に自宅で
階段を踏み外して転倒し膝下を複雑
骨折したことから始まったようです。

この時は、院内感染を引き起こし、
復帰までに時間がかかりました。

今年の11月下旬に、ふたたび自宅で
転倒し入院生活が現在も続いていますが

このタイミングで骨の難病が
公表となりました。

最近、テレビで観なかったのは、
このためだったんですね。

ゲスな話ですが、病気を公表することで
同情票が集まりやすくなるのでしょうか?

そんなことを基準に有権者が
判断しているとは思いませんが、

今、選挙が行われると
有利かも知れませんね。

不治の病

人間の体って不思議ですよね。

自分の体を自分で治す力がありながら、
自分の体を自分で壊すこともあります。

がんも、自分の細胞なのに、
異常に増殖して、
生きていくのが危険になります。

原口議員は骨の難病ということですが、
脳の難病であったり、
免疫の異常であったり、

普通に生活できているのが
本当に有難いと思ってしまいます。

これだけ科学が進歩して、
医学が発展して、
医療技術が開発されても、

まだ原因が特定できていなかったり、
治療法の見つかっていない病気が
たくさんあるようです。

優先順位はあると思いますが、
病気で苦しんでいる人でも

幸せに暮らせる世の中で
あって欲しいですね。

自ら難病と闘う原口議員や
難病を患ったことのある安倍首相は

その経験を、どのように活かすのか
期待したいですね。


スポンサードリンク


 - 健康