トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

100円朝食の大学間格差!食べたい学校はどこ?朝食と健康の関係!

   

何やら、大学の朝食が
100円で食べれて、
凄いことになっているようです。

以前、テレビで見たことあるけど、
あれは、関西の大学だったような気がします。

都会の大学なら、
何も学食で朝食を用意しなくても、

ファーストフードやら
コンビニやらで
食べられるだろうに、

やっぱり、100円ってのが、
インパクトあるのかな?


スポンサードリンク

発祥は、慶應義塾大学らしいです。

その後、立命館大学で大規模に
取り組みがスタートし、
全国の大学に拡大していったようです。

発祥の慶應義塾大学では、
2006年に日吉キャンパスで
無料朝食サービスとして試験的に始まりました。

その後、100円朝食として
定期的に行われるようになり、
定着したそうです。

立命館大学では、
学部生の保護者によって組織される

父母教育後援会と協力して
始まりました。

地方から下宿している学生にとっては、
1食でも100円で食べれるのは、
うれしいでしょうね。

各大学の100円朝食

慶應

慶應

慶應2

早稲田

早稲田

明治

明治

上智

上智

上智2

法政

法政

大東文化大

大東文化大

文教大

文教大

専修

専修

工芸大

工芸大


スポンサードリンク

関大

関大

学校不明ですが

ご飯食べずに急いで家出たけど、部活はオフになって、でも授業まで空腹やしコンビニあいてんしで困ってたら、ちょうど先着順の食堂の前の100円朝食の列に遭遇!
100円でこれは嬉しすぎ💗
帰りに頑張ってねてゆうて飴ももらえたし谢谢~ pic.twitter.com/PRSQt4qT5V

— (ゆ)イカロおP (@Ikaro0803) 2016年6月16日

朝食と健康の関係

昔から朝食は健康にいいと
考えられていましたが、

朝食が日本人の習慣となったのは、
意外と最近のことではないでしょうか?

昔は、朝早くから農作業をして、
ひと段落ついたぐらいで、

朝食と昼食を兼用したような時間に
食事をしていたそうです。

後は、仕事が終わってからで、
1日2食が普通の生活パターンだったと
聞いたことがあります。

一方で、朝食抜きを続けると
脳出欠のリスクが高くなるや

太りやすくなるといった
研究結果も聞いたことがあります。

実際に、朝食を食べる子どもと
朝食を食べない子どもを追跡調査したところ、

朝食を食べる子どもの方が、
平均で2倍も良い成績を収めている
という研究結果もあります。

うちの子も、
朝食を無理にでも食べさせていますが、

向き不向きがあるようで、
上の子は、
がっつり食べても平気なのですが、

下の子は、
胃がムカムカするみたいで、
食べすぎると気持ち悪くなるようです。

朝食を食べた方が調子がいいのか、
朝食を抜いた方が調子がいいのか、

それは、人それぞれだと思いますので、
必要なければ、無理して食べる必要は
ないと思います。

最新の研究結果では、
朝食を食べても食べなくても
どちらでも良いそうです。

摂取カロリーと栄養価の総量が同じなら、
代謝量も変わらないそうです。

つまり、1食抜いても、
他で調整できていればいい訳で、

特に朝食だけにこだわって、
何かをしなければいけない訳ではなさそうです。

食事は健康な身体を作る
基本ですから、大切にしたいですね。


スポンサードリンク


 - 健康