トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

禁煙を成功させるためのコツ!私がタバコをやめたきっかけ!

   

たばこ2

オーストラリアのタバコの値段が
1箱3000円に値上げということで
話題になりましたが、

さすがに1箱3000円もすれば、
禁煙しようと思う人は
多いのではないでしょうか?


スポンサードリンク

しかし、オーストラリアの場合、
今まで2000円ぐらいだったんですよ。

それが、値上げで3000円
突破ということですが、

日本人の感覚だと
2000円でも高いですよね。

しかし、私が喫煙していた
10年ほど前は、
250円ぐらいだったのに、

今では400円を超えています。

倍近くに値段が上がっても
喫煙を続ける人は
続けています。

タバコの値段じゃないんですよね。

たばこ

それでも、経済的な理由で、
禁煙したいと思っている人は
いると思うので、

国としては、
税収をとるか、
国民の健康をとるか

大きな選択を迫られている訳です。

禁煙ブーム

禁煙がブームになったのは、
10年ぐらい前だと思います。

受動喫煙が問題視されて、
会社でも喫煙場所が
設けられるようになりました。

病院や公共施設では、
敷地内禁煙というところも
ありましたが、

会社の会議室では、
煙がもうもうしているなんて、
普通でしたから、

タバコを吸わない人には、
会議の内容よりも


スポンサードリンク

タバコの煙が苦痛って
人も多かったのではないでしょうか?

当時、私が勤めていた会社でも、
建物内は全面禁煙になり、

喫煙者は、屋外の喫煙場所に行って
タバコを吸わなければ
いけなくなりました。

私は、タイミングよく
禁煙を始めた時だったので、

喫煙について不便を感じたことは
ありませんでした。

禁煙を始めたきっかけ

私が禁煙を始めたのは、
子供の健康を考えてでした。

当時、まだ、保育園児だった
子供ですが、よく風邪をひいていました。

通っていた病院の先生が、
禁煙推進派の人だったので、

子供の病気は親の喫煙が原因だ、と
なじられました。

正直、因果関係なんて
ハッキリしなかったので、

禁煙する気なんて、
無かったのですが、

子供が風邪をひく度、
何か自分のなかで
引っかかるものがありました。

それで、新年のお正月を迎えた時に、
ゲーム感覚で、1日1本の喫煙を始め、

それが、2週間ぐらい続いた時に、
これなら、禁煙できるかも、
と思い、禁煙に切り替えました。

今、禁煙という言葉を使いましたが、
当時は、「タバコをやめる」ではなく、

「タバコをお休みする」という
感覚でした。

周りにも、「禁煙」なんて、
一言も言っていません。

今でも、休憩中という感覚です。

タバコを吸わなくなってから、
子供の風邪が減った訳ではありませんが、

自分の体調は良くなりました。

それを自覚することが、
禁煙を継続するコツなのかも知れません。

子ども達が成人した後に、
再び、タバコを始めるかも知れませんが、

今では、タバコを吸わなくても、
リフレッシュできる方法を

たくさん見つけたので、
必要ないかも知れませんね。


スポンサードリンク


 - 禁煙