トレンドニュース大時典

元中小企業診断士の中年サラリーマンが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからビジネスまで気になる情報をチェック!

中村印刷所の方眼ノート!孫のツイートで話題に!品薄で入手困難!

      2016/03/06

東京都北区の印刷所が手作りしている「方眼ノート」が
話題になっています。

どのページも見開きで水平になる方眼ノートで、
「ナカプリバイン」の名称で特許も取得しているそうです。


スポンサードリンク

開くと段差のないノートは使い勝手のよいものですが、
全く売れずに在庫の山になっていたそうです。

広告宣伝するにも、そのお金もなかったのを
孫がツイッターで拡散希望したところ、

おじいちゃんの方眼ノートとして話題になり、
あっという間に3万リツイートと、

反響がすごく、大手通販サイトでも品薄状態となり、
製造販売している中村印刷所に追加注文が入ったそうです。

左右のページがつながって1枚の方眼紙のように使用可能 コピー・スキャナが撮りやすい 水平開き方眼ノート B5 30枚 5冊セット

追加注文が入っても、手作りのため、
1日300冊ほどしか作れないそうです。


スポンサードリンク

大量の在庫があるそうですが、
それが底を突くのも、すぐかも知れませんね。

中村印刷所のホームページのアクセス数も
普段の200倍になったそうです。

中村印刷所について

方眼ノート

商号は、有限会社中村印刷所

http://nakaprin.jp/

本社所在地は、東京都北区滝野川6丁目46番地10号

創立は、昭和13年7月

資本金は、1000万円

役員は、代表取締役社長 中村輝雄

営業品目は、水平開きノート、方眼ノート、原稿用紙ノート、
封筒、名刺、はがき、便箋、送り状、カード、等

見やすくて書きやすい「水平開きノート」で、
自分専用のオリジナルノートを作ることもできるそうです。

会社のノベルティとかにいいかも知れませんね。

方眼ノートについて

小学生の時は、5ミリ方眼のノートを使っていました。

中学とかになると、方眼ノートが子供っぽく見えて、
大学ノートでしたね。

社会人になってからは、もっぱら罫線なしの無地ノートを使っています。

見開きが水平になるノートが欲しくて、
いろいろ探したのですが、
結構高いんですよね。

中村印刷所さんのノートは、1冊300円ぐらいみたいので、
リーズナブルですね。

今、私が使っているノートは1冊1000円ぐらいのものです。

ページ数が違うの比較できませんが、
ほぼ、水平に開きます。

しかし、中央は凸凹しているので、
書くときは注意が必要です。

一時期、スケッチブックを使っていた時もありますが、
見開きA3ぐらいの大きさがあると、
マインドマップを書く時など重宝するんですよね。

ノートって、材質や罫線など、こだわりがありますが、
良い物は、広く知れ渡ってくれるといいですね。


スポンサードリンク


 - ビジネス